「究極のリアリスト」仲林圭は教えてくれる、アガリがこんなにも尊いことを。 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 1/4】

「究極のリアリスト」
仲林圭は教えてくれる、
アガリがこんなにも
尊いことを。

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年1月4日

第1回戦

 

東家:鈴木大介BEAST Japanext
南家:伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘俱楽部)
西家:仲林圭U-NEXT Pirates
北家:松本吉弘渋谷ABEMAS

みなさんは、

ここから、何を切りますか?

⸺さて、本日の主人公は、仲林圭

彼の選択の裏には、いつも「圧倒的な説得力」が存在している。

東1局

七対子の待ち選択だ。

仲林は、

【東】を切って【1ソウ】で待った。

【1ソウ】は、

「先行リーチをしている伊達の現物なのに出ていない」牌だ。

「山に居る可能性が高い」と読めるので、「通っていない【東】を勝負する価値がある」という判断だ。

この【1ソウ】をすぐに掴んだ松本は、

両面をクラッシュして【1ソウ】を止めた。まさにファインセーブだ。

リーチ合戦は流局となり、東2局1本場

ここはどうする?

仲林が切ったのは、

【1ソウ】だった。

不確定な一通より、【2マン】【3マン】【3マン】【4マン】が伸びたときのピンフ一盃口、そして【3ピン】からの234タンピン三色を重視した一打だ。【6マン】タンヤオ要員。

【1ソウ】を切って【5ソウ】【8ソウ】を引いても、タンピン含みのくっつきイーシャンテンになるので、別段痛くはない。

ここから2巡後に、

このようなテンパイが入る。

タンヤオで出アガリが出来るうえ、手替わりも待てる状態だ。

ダマにした仲林は、

そのままツモアガリを決めた。

じっとアガリを見つめる伊達。

それもそのはず、

奇しくも、伊達がリーチした刹那、

仲林がツモアガリをしたのであった。500-1000は800-1300。

このように、「自分がアガる」のと「人にアガらせない」のは表裏一体だ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/