堀慎吾、復活の6000オール!! サクラナイツを土俵際で踏みとどまらせる3勝目!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

堀慎吾、復活の

6000オール!!

サクラナイツを土俵際で

踏みとどまらせる3勝目!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の47日目、第1戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場の親番でハネマンをツモった堀が、瀬戸熊の追撃を振り切って3勝目を掴んだ。

第1戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして堀の4名。

東2局、堀の親番。6巡目にドラの【5ピン】を赤入りで雀頭にしてのピンフタンヤオをリーチして、6巡後にツモアガリ。6000オールで一気に突き抜ける。

堀の順調な一人旅が始まったが、南2局2本場に瀬戸熊が立ちはだかる。2着目につけていた瀬戸熊が、リーチ・ツモ・赤1・ドラ1のマンガンをツモアガリ。堀に親被りさせて同点に追いつく。

しかし南3局1本場、堀はタンヤオのヤミテンを瀬戸熊から討ち取ってふたたび単独トップに立つと、オーラスもリーチをかけて自らツモアガリ。リーチ・ツモ・赤1の1000・2000で瀬戸熊の親を落として、トップをもぎ取った。

堀はインタビューで、

「(今の気持ちは)うれしいです。(オンラインPVの観客に向けて)最近全然勝ってなかったんですけど、ひとまず3勝目ですかね、僕6ラス引いてるんで後3勝しないと割に合わないんですけど。これから僕だけでなくみんなで勝っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくおねがいします。」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万2600点/+62.6
2着 瀬戸熊直樹・雷電 3万3400点/+13.4
3着 白鳥翔・ABEMAS 1万3000点/▲27.0
4着 瑞原明奈・Pirates 1万1000点/▲49.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +371.0(47/94)
2位 EX風林火山 +251.5(46/94)
3位 U-NEXT Pirates +103.2(47/94)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +102.5(46/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 +36.5(47/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲226.2(47/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲318.7(46/94)
8位 セガサミーフェニックス ▲319.8(46/94)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMAS vs雷電vsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:石橋伸洋
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMAS vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!