堀慎吾、2連闘2連勝!! サクラナイツは最高の形で年内フィニッシュ!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

堀慎吾、2連闘2連勝!!

サクラナイツは最高の形で

年内フィニッシュ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の47日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。ただ1人の連闘となった堀が、南場の親で猛連荘。連闘連勝でサクラナイツの年内の対局を終えた。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広U-NEXT Pirates小林剛、そして堀の4名。

混戦模様の南2局2本場、ドラの【5ソウ】【赤5ソウ】、さらに【發】アンコの配牌をもらった堀は【2マン】リャンメンチーから仕掛けて全力でアガリに向かう。道中で【5ソウ】をアンコにして【3ソウ】【4ソウ】待ちに構える。カン【5ソウ】受けのターツを払った本田の【4ソウ】が捕まって8000点。堀がトップ目に浮上する。

親をむかえた堀は、500オールツモで繋いだ1本場に小林からドラの【白】を鳴いてカン【4マン】待ちをツモアガリ。赤1の4000オールでダントツ状態に。

オーラス、堀は小林のピンフ・赤1の2000点に差し込んで、きっちり試合を終了。サクラナイツの年内最後の試合を連闘連勝で終えた。

堀はインタビューで、

「うれしいです。なんとか今日、トップ2回取ってまだサクラナイツはけっこう大きくマイナスしてるんですけど、年内最後の試合を連勝で飾れてよかったと思ってます。また来年から全員で頑張っていくんで、引き続き応援よろしくお願いします」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万8300点/+68.3
2着 小林剛・Pirates 2万200点/+2.0
3着 多井隆晴・ABEMAS 2万6600点/▲23.4
4着 本田朋広・雷電 1万3100点/▲46.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +347.6(48/94)
2位 EX風林火山 +251.5(46/94)
3位 U-NEXT Pirates +105.2(48/94)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +102.5(46/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲10.4(48/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲157.9(48/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲318.7(46/94)
8位 セガサミーフェニックス ▲319.8(46/94)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMAS vs雷電vsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:石橋伸洋
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMAS vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊