モニターに響き渡る咆哮! ラスト実況となる日吉辰哉が熱狂とともに伝えたかったこととは【Mリーグ2020観戦記12/15】担当記者:ZERO

モニターに響き渡る咆哮!
ラスト実況となる日吉辰哉が
熱狂とともに伝えたかったこととは

文・ZE RO【火曜担当ライター】2020年12月15日

実況(じっきょう)とは

1.テレビやラジオにおけるスポーツ中継などの実況中継において、アナウンサーが行う状況説明。

いきなりだった。

この日が年内最後のMリーグ実況となる。

日吉辰哉は2019シーズンにMリーグの公式実況に抜擢された。
日吉の持つ「熱、絶叫、ユーモア」は個性の枠を超え、賛否を巻き起こしている。

私は日吉の実況が好きだ。
ワードチョイスに感動することもある。
Mリーグが「さらに熱狂を外へ」をスローガンとするなら、日吉の熱のこもった実況は外せないだろう。

日吉「この身が朽ち果てるまで、実況していきたいと思いますので、よろしくお願いします」
渋川「介錯はお任せください」

今回はゲームを追いながら日吉の実況にも注目していく。

東1局

丸山の2000オールで幕を開ける。
和久津のリーチにバックで押し切った格好だ。

日吉「もう言わせない。育成枠とは言わせない。みなさま昨シーズンはよくもやってくれたわね。今年は私の番ですよ。」

これは丸山の入場シーンでの言葉だが、厨二病っぽいというか、いちいち熱い。

東1局1本場

ダブをポンしている丸山がここからを切った。↓


は2人に通っている。
特にダブを鳴かせた対面の勝又に取っておきたい牌だ。

しかし、丸山は危険を冒してでも2枚の受け入れを選んだわけだ。

やはり勝又からリーチがかかるも、丸山は無筋を連打。
そして…


をポンできた!
危険を冒してまでを残したかいがあったというもの。

ドラのでアガれば18000の大物手。
親での積極的な構えで掴んだこのチャンスは逃したくない。

しかしアガったのは勝又だった。↓


リーヅモドラ1の10002000。

東2局

アガった勝又の配牌がいい。


日吉「勝又がいいーー!」

2巡目。↓


日吉「きてるーー!」

3巡目にテンパイしてヤミテン。↓


日吉「あれー!ヤミテン?」

ピンフドラ3とはいえ3巡目、多くの人がリーチといきたくなる場面である。
私は実力者・白鳥の親を落とすためのヤミテン、もしくはチームポイントに余裕があるからこそのヤミテンだと思った。
しかし勝又は「これは普段からヤミテン。1番得だと思っている。」と語る。


すぐに白鳥から出て8000。

日吉「勝又のとんでもないヤミテン!」

白鳥の手牌は

こんな形だったので、リーチしたら少なくともこの瞬間はが出ることはなかっただろう。
アガれたかどうかも怪しい。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!