西原理恵子 & 山崎一夫 自分に合ったレートが実力を発揮しやすい!

自分に合ったレートが
実力を発揮しやすい

新宿の歌舞伎町に、大型の新しいパチンコ店ができて、近来マレに見る出玉サービスをしていました。
ファンやパチプロが大勢集まって、その多くがけっこうな日当を稼いでるそうです。

最近のパチンコ・パチスロは、かつてに比べると波が大きくなっており、つまりレートも大きくなっており、良い台でも必ずしも勝つとは限りません。

そこで登場するのが、パチプロ軍団というか、打ち子軍団。

軍資金に乏しい人や、細かいテクニックの無い人は、親方の(私ではありません)の組織に入って打ち子をやるんです。
1人で打ちに行ってる常連の観察によると

「新規開店時に比べると、軍団の人数は減ったけど、まだやってる。日当が出るくらいは出してる証拠だと思う」

とのこと。

 

こうしたデータからクギ調整や設定を推理する帰納的な方法です。
波の大きい台だと、自分のデータだけでは不足なので、店全体を観察し

「店はまだ出す気がある」

という結論を導き出します。

クギや設定が読めなくても、勝てるのが良いところです。
別のパチンコ店経営者にも、聞てみました。

「周りの店が対抗できないくらい出してます。巨大なチェーン店だからできることです」

私は学生時代に、周りの店のひとつの正社員でした。

その会社は、歌舞伎町に集中出店しており、まるで御城下のようになっています。
そこに攻め込まれて、最初のうちは出玉で対抗したけど、すぐにやめたそうです。

それくらい凄いの出玉ですが、波が荒い台で不運が続くと(これが続くんですわ)、せっかくのチャンスなのにパンクしてしまう。
親方に面倒を見てもらえば、期待値(平均的な収入)は下がりますが、安定した収入が期待できるんです。

「親方のピンハネが無かったら、もっと勝てるのに」

とボヤいても、自分でお金のリスクを取っていないんだから、しょうがありません。
じゃ、親方の取るリスクがすごく大きいかというと、実はそうでもありません。

打ち子の代わりに取るリスクの数が多ければ多いほど、逆にリスクは減っていくんです。
保険会社みたいなものですよね。

麻雀の場合も、コンビによる乗り打ちや、金主の代打ちがあります。
乗り打ちは同卓希望のことが多く、けっきょくコンビ打ちというイカサマに繋がることが多いので、マークされます。

ちなみにフリー雀荘のレートでは、コンビ打ちをしても、ほとんど利益は増えません。
レートはギャンブルの重要な要素です。

●自分に合ったレートが実力を発揮しやすい。
●お金のリスクを自分で全部取れることが大事。
●レートが小さくてやる気が出ないなら打たない。失礼だし。

自分に合ったルールや
メンツや速度もある

私は東風戦を一般の雀荘に持ち込んだ元祖の一人だと思います。
歌舞伎町の裏で開帳されていた高レートの旅館麻雀を、一般の雀荘のバラ打ち(フリーの前身)で始めたんです。

「これからは東風戦の時代。レートはさらに高くなるので、麻雀で食うのは簡単」

そう思ってましたが、確信に近い予想というか、希望的観測はハズれました。
点5の登場やギャル雀の登場です。

東風戦は一時フリーでも流行りましたが、当局の指導もあって、すぐに廃れてしまいました。

高レート化なんて、もってのほかです。
高レートの東風戦にずっぽしハマっていると、ナガマン(半チャン戦)を打つのが退屈になります。

 

私はやりませんが、おそらくサンマの人たちもそうだと思います。
東風戦はゲーム時間が半分以下になるのも面白い現象です。

半チャン戦40分で打つ人たちが、東風戦だと20分ではなく15分になるんです。
15分勝負が40分勝負になると、体感速度は5倍(1時間超え)くらいに感じてしまいます。

つまり体感レートも5分の1に感じてしまうんです。

これでは脳ミソが腐ってしまい、あまり良い結果は出ません。
逆も同じ。東風戦に慣れてないと、これらについていけずに(無理についていこうとして)、ミスが増えます。

不慣れなルールも負けに繋がりやすくなります。

1本場300点でしか打ったことが無い人(私も)が、場1500でやるとほぼ確実に負けます。
同じく変則的な差し馬も、カモになるだけです。

トップよりも、差し馬優先で打たれることもあるからです。

●自分に合った麻雀が勝ちやすい。
ということは、
●相手に無理に合わせさせる。
老獪な打ち手もいます。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!