KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり 火中の栗を拾いに行くツモ番なし狂気リーチ【Mリーガー29人の名手】

麻雀格闘倶楽部・高宮まり

火中の栗を拾いに行く

ツモ番なし狂気リーチ

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/18

第1試合 東4局4本場 ドラ 供託×1

東家 黒沢咲TEAM雷電

△2300

南家 勝又健志EX風林火山

36500

西家 高宮まり麻雀格闘倶楽部

24500

北家 園田賢赤坂ドリブンズ

41300

東4局4本場。ここまで点棒が大きく動き、西家・高宮は24500点持ちながら3着。

 

この局は下家の園田がをポンしてピンズの一色手模様。

超終盤に高宮もテンパイを入れたがツモはもうないという状況だ。一応、出アガリの利く形だがここで高宮はどうしたか?

 

 

「火中の栗を拾いにいく狂気のリーチ」

高宮はここで打待ちリーチを敢行。ツモ番なしのリーチはたまに見るが、アガリ牌以外何でもツモ切る先行リーチ者が不在、かつ超危険牌が宣言牌になるケースは珍しい。ただ、園田が捨てているピンズがだけ。通っていないスジも数種類あり、が通る可能性に賭けたリーチだ。たしかにリスクは高い。ただ、アガればデカいし(このとき園田ものシャンポン待ちだったので直撃はなかったが)、直後に園田が危険牌を掴めばオリてくれることもあるだろう。

 

実際、高宮のリーチ直後に園田がツモった牌は無スジの。園田は少考の末にこれを押したが、相当に切りにくい牌であったことは確かだ。

このリーチはなかなかかけられるものではない。ただ、勝ちに行くなら時には火中の栗を拾いにいく選択も必要だ。今回は残念ながら流局したが、闘う魂の込もったリーチ判断だった。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

12月28日発売‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!