TEAM雷電が来シーズンも現メンバー4名で戦うことを発表

TEAM RAIDEN/雷電

4月24日、Mリーグ・TEAM雷電が公式Twitterにて、来シーズンも「萩原聖人瀬戸熊直樹黒沢咲本田朋広」の現行メンバー4名で戦うことを発表した。

TEAM雷電は2021-22シーズン前のドラフトにおいて、新戦力として本田朋広を獲得。チームで初となるファイナル進出、そして優勝を目指して新シーズンに臨んだが、チーム成績は1000ポイントを大きく越えるマイナスとなってしまい、8位でレギュラーシーズン敗退となった。しかし、現行メンバーに対する「雷電ユニバース」の期待は大きく、今回のメンバー変更なしという決断に至った。

翌シーズンでファイナルに進出できなければ、選手入れ替え規定によって現行チームで戦うのは最後となる。今シーズンの敗戦からTEAM雷電がどのように巻き返すのか、注目が集まるところだ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • TEAM RAIDEN/雷電

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!