【クイズ解けたら君もМリーガー37】意思を通す打牌【渋川難波】

その37 自分のやりたいことを貫け!

麻雀は、柔軟性も大事ですが、時には頑固な意思力も非常に大事です。
特に「自分のやりたいことをやり切る!」というのは、なかなかできるものではありません。
それではここで例題です。「現在Mリーグ全期間プラス」という偉業を成し遂げていて、意思のある打牌をすることに定評のある日向藍子選手。
この状況で何を切ったでしょうか?

【9ソウ】はフリテンです。



解答

【3ピン】

解説

この手は直前までは誰しもが【9ソウ】フリテンとはいえ789の3色を狙っているでしょう。
しかしここにきて現れた【2ピン】で、選択の時が訪れました。
場を見ると【1ピン】【4ピン】は、【4ピン】は3枚切れですが【1ピン】は良さそうです。
赤も一枚ありますし、ここはフリテン解消で【7ソウ】【8ソウ】と払う人が多いのではないでしょうか?
しかし、日向選手はここで長考の後に、【3ピン】切りとしたのです。
この選択に至った理由を、挙げていこうと思います。

【6ソウ】【9ソウ】は、【9ソウ】が一枚切れているだけで受けとしては全く悪くない
②全員20000点代の微差のトップ目なので、自分はあまりリスクを負いたくない
③かと言って、安手で和了ってもそれは決め手にならないので、不満
④つまり理想はヤミテンで高い手を和了ること
【7ソウ】【8ソウ】を切るとリーチをしなきゃ高くならないが、【2ピン】【3ピン】を切るとヤミテンでも高いルートが残る

と言うことでしょう。
つまり、「できるだけリスクを負わずに高打点を和了りたい」という意思の現れです。
わかっていても、なかなかここでフリテンを残すことはできません。
まさに、やりたいことを貫いた一打です。
そしてこの後、日向選手は上家から【9ソウ】が出ましたが、これは理由③によりぐっとスルー。
そして見事自ら【9マン】を引き入れてこのテンパイを果たします。

ここでどうせフリテンだから、リーチ!と行くのがマジョリティでしょう。
しかし日向選手はあくまで、リスクを負わず高打点、という意思でやってきました。
フリテンリーチというリスクを負わずに、【9ソウ】ツモで4000オール、【6ソウ】ツモでも2600オールで良し、としてヤミテンに構えたのです。
そしてその結果

見事【9ソウ】をツモり、この半荘のトップを手中に収めました。
まさに自分のやりたいことをやり切った、と言えるでしょう。
皆様も、時にはわがままに打ってみる、というのを試してみると良いでしょう。
それでは、また!

渋川通信

盛り上がったMリーグも、ついにEX風林火山の優勝で幕を閉じました。僕もMリーガー目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!