U-NEXT Piratesが小林剛・朝倉康心・石橋伸洋・瑞原明奈との契約更改を発表

7/4、U-NEXT Piratesが配信イベント「第4回 パイレーツカップ in 天鳳 -本戦-」にて、所属している小林剛朝倉康心石橋伸洋瑞原明奈との契約更改を発表した。

U-NEXT Piratesは、Mリーグ発足初年度に小林剛朝倉康心石橋伸洋の3選手を指名。

ネット麻雀で実績を残したメンバーをそろえて人気を博し、瑞原明奈を加えた2019シーズンにはMリーグで初優勝を果たした。

しかし連覇を期して臨んだ2020シーズンはレギュラーシーズン敗退。選手の去就が注目されたが、2021シーズンには、2020シーズンと同じメンバーで臨むこととなった。

Mリーグでは「2020シーズンから起算し、閉幕時に同一の選手構成且つ2シーズン連続でファイナルシリーズに進出できなかった場合、翌シーズン最低1名の選手を入れ替える、または選手の追加によってチーム編成を変更する」という規定を設けているが、2020シーズンにファイナル進出できなかった4チーム中3チームが選手構成を変更するため、上記規定のもとで2021シーズンを戦うのはU-NEXT Piratesのみとなった。

ファイナルに進出できなければ選手の入れ替えを課されるシーズンで、4選手は果たしてどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!