捲土重来! 本気で10万点を目指した近藤誠一とそれを本気でまくりにいったやつらと【Mリーグ2020観戦記1/12】担当記者:ZERO

捲土重来!

本気で10万点を目指した

近藤誠一とそれを本気で

まくりにいったやつらと

文・ZERO【火曜担当ライター】2021年1月12日

メンバーを見た時に、嵐の予感が胸をかすめた。

ワントップのチームが出揃っているのだ。

1回戦

東家 瑞原明奈U-NEXT Pirates

南家 近藤誠一セガサミーフェニックス

西家 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

北家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

ワントップとは4人のメンバーのうち、1人が勝ち頭となっているチームのことである。

Pirates→小林剛+310.2

フェニックス→茅森早香+214.8

KONAMI→佐々木寿人+300.0

ドリブンズ→村上淳+240.5

この勝ち頭以外の3人は、本調子とは言えない成績だ。

もちろん、チームの優勝が目標だから個人成績は二の次だろう。

しかし麻雀打ちならグツグツと煮えたぎっているはずだ。

勝ちたい!私が勝つことでもっとチームは楽になる!と。

 

捲土重来

一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すことのたとえ。

 

勝ち頭である寿人以外の近藤・たろう・瑞原は熱い気持ちを胸に秘めていただろう。

その証拠に東場の1局から激しくぶつかりあった。

東1局 4者バチバチのぶつかり合い

たろうがこんな手からドラのを切った。↓

小林「が鳴かれないことが分かっていたわけではないと思いますが」

いや、私は分かっていたと思う。

近藤(対面)と寿人(上家)の切り出しが変則手っぽく、これは西が1枚である可能性が高い。

(1枚なら手役狙いになりがち、対子以上で持っていたら真っ直ぐすすめるため)

そこでたろうは重ねられる前に先に切ったのだ。

このとき、実際にドラは4者が1枚ずつ持っていた。

このが波乱の半荘の口火を切った。

直後に寿人がリーチ!↓

リーチタンヤオのシャボ待ち。

いかにも678の三色になりそうだが、実はこれはほとんど三色にならない。

をツモった上で、薄い高めでアガらないといけないからだ。

とはいえ、これを淀みなくリーチにいけるのが寿人の強さだろう。

をカンして待ちでリーチ打つのも面白いが、たろうはを切って追っかけた。

すでに自分がリーチ・タンヤオ・ドラ1と中打点であり、待ちが愚形なのでわざわざ新ドラによって相手の値段を上げる必要はないということだろう。

この2軒リーチに挟まれた瑞原。

ここから現物のを抜かずに、2人に通っていないを押した!

ドラのが見えて相手の打点は安いケースが増える。

そしては寿人には通りそう。

何より自分の手牌が親の完全イーシャンテンだ。よーいどんの親番で簡単に背を向けない。

さらに近藤もテンパイ!めまぐるしい展開だ!↓

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!