捲土重来! 本気で10万点を目指した近藤誠一とそれを本気でまくりにいったやつらと【Mリーグ2020観戦記1/12】担当記者:ZERO

チャンタイーペーコー確定の大物手!
しかし、宣言牌はだった。

リーチ・一発・タンヤオ・赤1の8000!

たろうの早めドラ処理。

寿人の見切りノータイムリーチ。

瑞原の踏み込み。

そして近藤の高打点メイキング。

この一局だけで、全員が持ち味を出し

この一局だけで、全員が勝ちたいと思っているのが伝わってくる。

しかし、全員が勝ちたいと思っても勝者は1人なのが麻雀。

この日、風が吹いたのは今マンガンを放銃したばかりの近藤だった。

東2局 風が吹いている

まずはリーチ・ピンフ・一発・ツモ・裏1の4000オールでさきほどの失点をすぐに取り返す。

驚いたのは次の局だ。

東2局1本場 衝撃のスルー

近藤はこのダブをポンしなかった。↓

勝又「たしかに形は苦しいとはいえ、ダブですよ?」

現状安いものの、赤やドラを引いて満貫になることもある。

これをスルーするのはMリーガーの中でも黒沢と近藤だけだろう。

俺の通るルートはこっちだ!

近藤の右脳がスルーさせた手牌は、リーチにたどり着く。

寿人が追っかけてくるも…

めくり合いに勝って、3900のアガリ。

思ったより高くならなかったが、次の局へのステップになったのだ。

東2局2本場 疾風迅雷の一撃

近藤はこの手牌から緩やかにを切った。↓

2シャンテン戻し。

が2枚切れているが、逆に言うと誰もを使っていなさそう。

イーシャンテンに構えておきたくなるのが人というものだ。

しかし近藤は慌てない。

自信を持って押し返せる手をじっくりと待つ。

残したのおかげで、こんな手になった。↓

ドラや赤だらけで、ダブに三色もついているという、お子様ランチのような手牌だ。

近藤はドラを切ってのシャンポン待ちにとった。

飛び込んだのが先制リーチを打った寿人。

リーチ・一発・ダブ・三色・ドラ・赤3の倍満。24000点だ!

これだけでは終わらなかった。

流局を挟んだ4本場。

東2局4本場 不死鳥に最大級の追い風が

まずは寿人のリーチを受けた瑞原の手牌。↓

ピンフのみのイーシャンテンだが、をプッシュした。
安全牌が1枚しかないのでを切ってリスクを先におう。

開拓しつつイーシャンテンを維持できる。次にテンパイしたら勝負、無筋を持ってきたらオリる…という算段だろう。

前回トップをとっただけに…いや、トップだからこそこの半荘でも勝ちたい。

瑞原の戦う姿勢が垣間見える。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!