VTuber・天開司がオンライン麻雀リーグ「神域リーグ」の開催を発表

1月24日、VTuberの天開司が記者会見動画を公開、「神域Streamerリーグ」の設立・開催を発表した。

「神域Streamerリーグ」は、Mリーグ・渋谷ABEMAS多井隆晴松本吉弘赤坂ドリブンズ村上淳鈴木たろうという4名のMリーガーを各チームの監督兼選手として迎え、それぞれのチームでランク別に3名の配信者をドラフト指名してチームを構成、4月から9月の5ヵ月間で30戦を打つというリーグ戦。

ドラフトは「YouTubeチャンネルの登録者数が1000人以上」「配信サイトでのライブ配信経験有」「プロ団体に所属していない」配信者から志望届を受け付け、その中からランク別に1名ずつ指名を行うとされた。なお、配信者であれば、YouTuber・VTuberを問わないとのことだ。

Aランク:魂天~雀聖3
Bランク:雀聖2~雀傑3
Cランク:雀傑2~初心

※段位は「雀魂」準拠、他のネット麻雀の段位も裁定基準とする

なお、天開司本人もドラフト志望届を提出し、指名を待つとのこと。どのようなメンバーが選ばれ、どんな戦いになるのか、そしてどんなコンテンツとなって広がっていくのか、非常に興味深いものとなっている。

ドラフト志望届は以下のアドレスから申請。受付は2月7日23時59分まで、とのことだ。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSceWNeObQPw6y_SDBQSSCoXd6pglTJBh-YdYobKBXwJh8dvTQ/viewform

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!