京都からのチャレンジャー 強い打ち手と戦うことを当たり前に EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【牧野伸彦インタビュー】

京都からのチャレンジャー 

強い打ち手と

戦うことを当たり前に 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【牧野伸彦インタビュー】

牧野伸彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/mi1kteaa

 

-牧野プロは今回、京都から参戦されています。オーディションに参加するにあたっての思いについては。

麻雀プロ活動をしていて、Mリーグは目標の一つです。自分の今の実績や実力ではドラフトで選ばれるのが難しいのですが、実際に麻雀を打ってスコアでMリーガーの座を勝ち取れるのは魅力的だと感じました。交通費や時間はかかりますけど、挑戦したいと思ってエントリーしました。

-関西の麻雀シーンでも、Mリーグの注目は高まっていますか。

そうですね、Mリーグを見て麻雀を始めたとか、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロアマリーグに参加してくださる方もいますし、あとはプロアマリーグに最高位戦所属のMリーガーが来るときは、普段より参加者が増えます。そういうところでも、Mリーグの効果、かつ出ている選手のブランドとかはすごいと感じます。

-そういうのを肌身で感じて、ご自身の中でも思いが募ったと。

そうですね、あそこで打ちたいとはすごく思っていますし、あそこで打つことで、自分も麻雀プロとして成長できることもたくさんあると思っています。人数的には厳しいオーディションなんですけど、道中で配信に出られるとか、そういうところで少しでもメディアで注目を浴びるきっかけにもなると思うので、たとえ負けたとしても、得られるものはたくさんあるかなと思っています。

-オーディションでは、強豪プロと当たる機会も増えると思います。

どっちみち強い人を倒さないといけないですし、Mリーガーになってからも強いMリーガーと打って成績を残さないと活躍できないので、それがこれからの当たり前になっていくのかなと思っています。

-地元の方とかからは、どんな声がありましたか。

関西を拠点にしているMリーガーはいないので「頑張って」と応援してくださる方がいます。それはすごくうれしく思っています。もし勝ったときは東京に来ることになると思いますけど、関西発のMリーガーというのは今のMリーガーにはない特徴の一つになると思います。

-最後に、地元の方や新しく牧野プロを知った方に向けて、意気込みをお願いします。

これからMリーグを目指すにあたって、まだ自分の足りないところがたくさんあるのは自覚していますけど、そこから成長していく姿、Mリーガーになって活躍する姿をみなさんにお見せできたらと思います。応援よろしくお願いします。

 

EX風林火山ニューメンバーオーディションはABEMAプレミアムにて配信中!

6月21日: #平賀聡彦 VS #菊田政俊 VS #浜野太陽 VS #ようへい(1回戦)

https://abema.tv/video/episode/558-1_s1_p33

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!