eスポーツ大会「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント」開幕!

eスポーツ大会

「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部

プロトーナメント」開幕!

eスポーツ大会「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント」は、KONAMIのオンライン型対戦麻雀ゲーム「麻雀格闘倶楽部Sp」を用いて行うeスポーツ麻雀大会。同ゲームは日本プロ麻雀連盟公認となっており、今大会にはKONAMIと日本プロ麻雀連盟の厳しい選手選考によって認定を受けた24名と、日本プロ麻雀連盟を代表する人気プロ8名、合計32名が「eMAH-JONGプロ」として参戦し、トーナメント形式の4人麻雀で栄えある第1回大会の優勝を目指して腕を競い合う。

日本プロ麻雀連盟参戦プロ
瀬戸熊直樹滝沢和典佐々木寿人白鳥翔二階堂亜樹高宮まり伊達朱里紗中田花奈

一般から選ばれた「eMAH-JONGプロ」は、エントリー者の中から選抜試験、実技試験、筆記試験、面接審査にて選抜。大きく分けて「フリー枠」「女流枠」「U-25枠」「ワンチャンス枠」の4枠からの選抜となっており、性別・年齢の関係ないeスポーツらしく、女性や25歳以下の選手をピックアップするといった試みも行われている。

大会はアガリ連荘、赤5pが2枚入っている「麻雀格闘倶楽部」ルールをベースに、準決勝までは「ぶっとびなし(持ち点0点以下でも継続)」「持ち点1000点未満でもリーチが可能」など、より競技麻雀に近いルールを採用。1回戦から準決勝までは半荘1回勝負で上位2名が次のステージへ進出。決勝は2回勝負のトータルスコアで優勝者を決定する。

 

 

本大会では特設会場が設けられ、選手たちは大会用の特別ユニホームを着用。真剣勝負とエンターテインメントが融合した本格的な雰囲気での対局となる。

大会の模様は、ABEMA・KONAMI YouTubeチャンネルにて配信される。麻雀のeスポーツとしての新たな可能性を切り開く本大会に、注目していただきたい。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!