ファイナルへ向けて 男子プロ代表決定戦風神編優勝 猿川真寿




いよいよ目前に迫ってきた麻雀最強戦ファイナル。出場する選手の方に、直前の意気込みなどを語っていただいた!

★本番まであと3週間。ファイナルへ向けて、最近の心境は?

猿川「今回の予選A卓のメンバーが、比較的攻撃型でないタイプが多いじゃないですか。だから、逆にそこを意識しちゃうと、自分がオリる局が多くなりそう。だから、あまり相手を意識しないように打ちたいと思っています。あとは普段通りですね。一回勝負ですから、正直どうなるか分からないですよ。出たとこ勝負です」
★一昨年は決勝進出するも敗退。自分なりの敗因はあるか?
1118ff888cfe3bdf7df49782664b17e45454331d

猿川「あります。ですが、それがなくても優勝は厳しかったかなとは思いますが。東ラスの親番、沢崎さんから3900をアガった次局、1鳴きのpai_s_hatsu.jpgポンのほうが良かったな、と思いました」

829ed80c2a5395f36f730d725dc8268667d2c0c6
猿川プロは上の形から、直後に魚谷プロから出たpai_s_hatsu.jpgをスルーした。

猿川「結果的に、このpai_s_hatsu.jpgを鳴かなかった直後、リーチをかけられてしまったんです。『もう1ステップ、仕掛けで攻めるべきだったかな』と思いました。鳴いたとして、この手がアガれているかどうかは分からないですけど。敗着があるとすれば、このpai_s_hatsu.jpgの見送りだったかなと考えています。鳴けばその後の展開も変わっていたでしょうし。この決勝は、ラス親を引いたことが悪い方に出たかなとも思いました」

※このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。