いくつになっても麻雀プロでいたい Mリーグもその道の途中【 EX風林火山 IKUSA】菅原千瑛インタビュー

いくつになっても
麻雀プロでいたい
Mリーグもその、道の途中

菅原千瑛 すがわら ひろえ(日本プロ麻雀連盟)
Twitter:https://twitter.com/hiroesugawara

-今回のIKUSAに参加するにあたってのモチベーションから伺えますか。

今回は前回と違って、優勝してもMリーガーとして必ず指名されるわけではないと思いますが、それに近しい機会があれば積極的に参加していこうと思っていました。

-前回のオーディションでは、参加にあたって「自分でいいのか?」という迷いがあったとおっしゃっていました。今回はいかがでしょうか。

たぶん、私は性格的に「私でいいだろう」とはいつまでもならないタイプです。自分に対しての絶対的な自信があるとは言えないのですが、麻雀においては2年前よりは胸を張って「成長した」と言えると思います。100パーセント期待に応える、とは約束できないのですが、全力で期待に応えられるように頑張るのみです。

-菅原プロは、出られるタイトル戦には大小に関係なく出場し、勉強会にも積極的に参加するなど、やれることを尽くしていると伺いました。謙虚ながら、麻雀に関しては非常に貪欲に見えます。

麻雀の機会があれば、積極的に参加したいです。私には麻雀しかないですから。今回のプロフィールで趣味とかも書きましたけど、自分の空いた時間はだいたい麻雀にあてているので、麻雀が趣味であり仕事であり、という感じです。

-また、この2年の間には、桜蕾戦やRTD Girls Tournament、麻雀最強戦などで結果を残しています。桜蕾戦で言えば、伊達朱里紗プロが桜蕾戦で優勝して前回のオーディションでも結果を残し、もしかしたらそれがMリーグ入りにつながったかもしれません。そこで自分も、と思う気持ちはありますか。

伊達さんに関しては純粋にすごく応援していますし、桜蕾戦で優勝してオーディションでポイントを積み重ねてくれたことで、先に道を作ってくれました。それは、これからの希望になると思います。伊達さんは「伊達朱里紗」という人が評価された結果だと思うので、私は私の「菅原千瑛」という人を評価してもらった上で、将来的にMリーガーという道につながればと思っています。

-Mリーガーというより、麻雀を打ち続けるのが人生の目標、みたいなところはありますか。

それはあります。それがニアイコールMリーガーになる、ということであればなりたいですし、おばあちゃんになっても、棺桶に足を突っ込むまで麻雀プロでいるぞ、と思ってこの世界に入っています。自分ももっと麻雀を強くなりたいですし、上手くなりたいなと常々思っているので、応援してくださっている人のためにも、いつかはいい報告をできればと思います。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/