ASAPINの「超頭脳何切る」Q25





押し引き6

南1局。そこそこ余裕のあるトップ目だが、ドラが浮いてしまっている状態。
ドラを切れば両面テンパイを取れる。牌理的には通りそうなman7-66-90-s-embだが…
Q25

回答はコチラ





















asappin_color
ASAPINの回答

man7-66-90-s-emb

そこそこのトップ目から、どの程度のリスクまでを許容するかという問題です。
相手がどのように手を作っているかは結局のところわかりませんし、比較的安全運転でもトップを取りやすい点差ではあります。
しかしながら、テンパイ連荘のルールで親にはほぼ牌理的に通るであろうこのman7-66-90-s-embを止めて回すのは、慎重すぎるあまり逆に逆転のチャンスを他家に与えてしまうように感じます。
親以外に七対子などのドラ待ちのダマテンが入っていてもおかしくない巡目ですが、親に連荘されることと子への8000放銃はそれほど大きくは差がない場面です。
親への12000の放銃リスクを背負うのは嫌ですが、親にほぼ通る以上、子への小さい放銃リスクまでは背負い、局を消化することを優先する方が良いように思います。
まだ完全な安全圏でもないので、失点回避よりも局消化に全力を注ぎたいです。

ASAPINの自信度 80%

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です