西原理恵子 & 山崎一夫 パチプロは腕と長時間勤務で勝つ!

パチプロは腕と
長時間勤務で勝つ

 

「最近のパチプロは凄いよ。ボーダーラインを割った台で勝つんだから」

 

「パチンコ必勝ガイド」の末井昭編集局長が、しきりに感心していました。

ボーダーラインというのは、勝敗を分ける、投資千円当たりのデジタル回転数のこと。
それを割ってれば、本来なら勝てない台です。

 

「普通に打ってたら1個しか玉が入らない穴に、タイミングを計って2個入れたりしてるんだよね」

末井さんによると、腕のいいパチプロは年間一千万円くらい稼ぐんだそうです。

①良い台を選ぶ。
②効率よくデジタルを回す。
③持ち玉遊戯で長時間勝負。

末井さんの話は②の腕が凄いということですね。
パチプロにはすべての用件が求められますが、なかでも大事なのが③の長時間勝負。

現金投資は高くつくので、大当たりで出した(換金率の)安い持ち玉で勝負すれば、グッと有利になる。
勝ちパターンは、早めに現金で大当たりを引いて、閉店まで打ってドル箱を積み上げる。

仕事を持っている一般のパチンコファンは、たとえ確かな腕と情報を持っていても、時間の制約があるのが不利。

①良い台を選ぶ。
実力があっても、仕事帰りに店に入ったんでは、ロクな台が残っていない。

②効率よくデジタルを回す。
腕があっても、大きな赤字台が小さな赤字台にできる程度。

③持ち玉遊戯で長時間勝負。
運良く大当たりを引いても、閉店時間まで短いので、持ち玉有利が生かしきれない。
などの理由で、時間に制約のあるビジネスマンや子育て中の主婦などは、結果的にカモられてしまうことが多いんです。

誰かがカモられた分、パチプロが稼げるというワケです。

 

麻雀の場合はどうか。

①良い台を選ぶは、

●勝てそうなメンツを選ぶ。
になりますが、けっこう難しいそうです。

具体的には、
●運良くメンツに恵まれた時に、
●長時間勝負に持ち込むことぐらい。
●もしレートアップができればさらに効率が良くなります。

長時間勝負ができるのは、パチプロと同様に雀ゴロくらい。
パチンコ店には閉店時間がありますが、自宅などで打つ麻雀にはそれが無い。

腕と体力と軍資金があれば、一攫千金・濡れ手に粟・博打は出世の早道じゃい! になるかもしれません。

実を言うと、ビジネスマンの麻雀ファンの中にも、雀ゴロと並みの腕を持っている麻雀ファンはたくさんいます。

でもトータルで勝つのはたいてい雀ゴロ。
雀ゴロは生活がかかっているので、総力戦で勝ちに行きますが、仕事を持っているビジネスマンは、限られた時間でなるべく楽しみたい、という希望もあるんです。

 

楽しみ方はそれぞれ。

 

●リーチをかけたい。
鳴けばすぐアガれる手でもメンゼンを維持。

●チップをたくさん集めたい。

●トップを取りたい。トップの金額よりも着順が大事。
実質トップのチップ大量獲得の2着では満足しない。

●真っ向勝負でスリルを味わいたい。
仕事で我慢を強いられてるので、遊びの時は我慢したくない。

●逆転できる手作りが醍醐味。

●大物手が好き。

●役マンでストレス解消。
スピードよりも、得点と見た目を楽しむ。

 

お金よりも有意義な時間を過ごしたい、時間指向の人たちなので、実力よりも悪い成績になることが多いんです。

「それも込みでの実力だろ」
とも言えますけどね。

 

高レートしか打たない
エリート・ビジネスマンたち

「点ピンの目クサレ麻雀なんか時間の無駄。汚い子と遊ぶとアルマーニのスーツが汚れる。近寄らないでおくれざんす」

かつての西原理恵子さんの漫画に良く登場していた、大手広告代理店のMさん。
そういえば、Mさんと一度も点ピンで打った記憶がありません。

「強い末井さんや西原さん相手に、運良く勝たせてもらいましたので、銀座で高級寿司をごちそういたしましょう」

「ラッキー、さすがMさん」

もちろん経費で落とします。
さすがなのはMさんではなくて、広告代理店なんですね。

 

「みなさん、来週あたり伊豆の高級温泉旅館で、麻雀というのはどうでしょう?
 もちろんご招待いたします」

もちろん、経費です。

これでは、Mさんにカモられても文句は言えません。
当時はバブル経済全盛の時代だったせいもあり、なんと北海道まで麻雀をしに行ったことがあるんです。

●勝てそうなメンツで

●高レート

●かつ長時間勝負

Mさんが凄いのは、これだけ効率良く勝てる条件に恵まれていても、さらに
●勝率アップにこだわることです。

「すみません、ちょっと考えさせてください」

サクサク系のお客さんである、末井さんや西原さんを相手に、長考することも珍しくありません。

「通せ!」

「ロン!」

「か~っ失敗。やっぱりこっちだったか」

 

頭をかきむしります。

相手の高い時間コストを消費するディメリットはあるものの、
いっしょに楽しむというメリットの方が大きいのかもしれません。

Mさんは仕事がら、クライアントの社長や、タレントや作家ととも麻雀をすることも多いそうです。
マネをするのは難しいですが、麻雀の勝ち方としては、理想に近いパターンではないでしょうか。

ちなみに最近の西原さんは、六本木ヒルズのIT社長のみなさんたちとも、打つ機会があるそうです。
頭脳明晰でお金に余裕がある社長が多そうだから、麻雀などの勝負事も強いことが予想されます。

●勝てそうもないメンツで
●高レートで
●長時間勝負
にならないように気をつけてください。

 

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2011年10月1日号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は1月23日更新予定)