【熱論!21人のMリーガー】白鳥翔・渋谷ABEMAS〜そして白鳥翔は魔法少女になった〜




熱論!21人のMリーガー

白鳥翔・渋谷ABEMAS

〜そして白鳥翔は魔法少女になった〜

文・花崎圭司【渋谷ABEMAS担当ライター】

昔、漫画原作をやりたくて、とある出版社の編集者さんに2年以上漫画原作を見てもらったことがある。

何本も書いたがなかなか作品化にならず、思考が袋小路になっているのが自分でもわかった。

そこで私はあるものを見せた。その当時、私は車の試乗が好きで、自動車ディーラーに行き、いろんな車に乗っていた。車の乗り心地や運転のしやすさ、楽しさ、店の雰囲気・対応などを★5段階で評価して、趣味でエクセルで一覧にまとめていた。軽自動車から高級車までなんでも乗り、気づいたことなどコメントも書いていた。そして乗った車の合計金額が1億円を超えた。

編集者さんにそれを見せた。いつもお世話になっているので、話のネタになると思って見せた。それが「これ、面白いですね」となり、1ヶ月後には車のコラムの連載を持っていた。不思議なものである。

そういうこともあり、「オススメの車はなに?」「どの車乗ったらいいと思う?」と聞かれることがある。

私はまず「好きな車に乗ったらいい」と答える。「でもオススメの車とかない?」とさらに聞かれる。

私は「ヴィッツ」と答える。

相手は、(そういうことじゃないんだよなあ)という苦笑いとはまた違った、微妙な笑顔を浮かべる。

そういう反応になるのが分かっているから「好きな車に乗ればいい」と最初にいったのに、と心の中で思う。。

ヴィッツは日本が誇るコンパクトカーだ。女の子を送迎する、ちょっと特殊なドライバーさんにインタビューをしたことがあるが、都内だとヴィッツが最速だという。首都高でイキったフェラーリをぶち抜いたこともあるという。レーシングドライバーに話を聞いたことがあるが、答えは同じ。日本のコンパクトカーが一番速くて便利だという。

私だけ思っているわけではなかった。送迎のプロも走るプロもヴィッツが一番だと言った。

じゃあ、なぜみんなヴィッツを乗らないのか?

答えは、「無個性」だからだ。

そして「無個性」は格好悪い。

その気持ちはわかる。ヴィッツ同様、街中でよく見かけるプリウスなら、ハイブリッドでエコという「付加価値」があるから無個性でなくなり、プリウスを選択する。

前段が長くなってしまった。

渋谷ABEMAS所属、白鳥翔

名前から“高級車”である。

あなたのまわりで、これ以上“2次元”の名前の人はいますか? 少女漫画の主人公のような名前はいますか?

女の子がときめくドラマ系の主人公の名前だ。逆に今だと「あまりにもそれっぽすぎる」とボツになるぐらいだろう。

でも私は思う。

白鳥翔は「無個性」だ。

車でいうならば、さきほど挙げた

 

「ヴィッツ」だ。

彼には“麻雀ハイブリッド”というキャッチフレーズあるが、プリウスではなく、ヴィッツなのだと思う。

彼が持つ他のキャッチフレーズに「供託泥棒」があるが、

現代麻雀で「供託を取りに行く」というのは戦略としてスタンダードになっている。他のMリーガーもやっている。つまり基本、麻雀の打ち筋もスタンダードなのだと思う。

つまり

 

 

 

ヴィッツだ。

彼のRTDリーグのデータを見ると、高い連対率を誇る。誇るのだが、1位ではなく2位の回数が多い。その分ラスも引かない。

また鳴く確率、副露率が高いが、放銃率は低い。これも現代麻雀のスタンダード。

 

 

 

ヴィッツだ。

さらに白鳥は「そこを鳴くのか」ということもないし、「子側の初手ダブ切り」といった新定跡を作ったわけでもない。何度もいうがスタンダードなのだ。

放銃率が低いということは、無理筋を押さないということ。