【熱論!21人のMリーガー】白鳥翔・渋谷ABEMAS〜そして白鳥翔は魔法少女になった〜

熱論!21人のMリーガー

白鳥翔・渋谷ABEMAS

〜そして白鳥翔は魔法少女になった〜

文・花崎圭司【渋谷ABEMAS担当ライター】

昔、漫画原作をやりたくて、とある出版社の編集者さんに2年以上漫画原作を見てもらったことがある。

何本も書いたがなかなか作品化にならず、思考が袋小路になっているのが自分でもわかった。

そこで私はあるものを見せた。その当時、私は車の試乗が好きで、自動車ディーラーに行き、いろんな車に乗っていた。車の乗り心地や運転のしやすさ、楽しさ、店の雰囲気・対応などを★5段階で評価して、趣味でエクセルで一覧にまとめていた。軽自動車から高級車までなんでも乗り、気づいたことなどコメントも書いていた。そして乗った車の合計金額が1億円を超えた。

編集者さんにそれを見せた。いつもお世話になっているので、話のネタになると思って見せた。それが「これ、面白いですね」となり、1ヶ月後には車のコラムの連載を持っていた。不思議なものである。

そういうこともあり、「オススメの車はなに?」「どの車乗ったらいいと思う?」と聞かれることがある。

私はまず「好きな車に乗ったらいい」と答える。「でもオススメの車とかない?」とさらに聞かれる。

私は「ヴィッツ」と答える。

相手は、(そういうことじゃないんだよなあ)という苦笑いとはまた違った、微妙な笑顔を浮かべる。

そういう反応になるのが分かっているから「好きな車に乗ればいい」と最初にいったのに、と心の中で思う。。

ヴィッツは日本が誇るコンパクトカーだ。女の子を送迎する、ちょっと特殊なドライバーさんにインタビューをしたことがあるが、都内だとヴィッツが最速だという。首都高でイキったフェラーリをぶち抜いたこともあるという。レーシングドライバーに話を聞いたことがあるが、答えは同じ。日本のコンパクトカーが一番速くて便利だという。

私だけ思っているわけではなかった。送迎のプロも走るプロもヴィッツが一番だと言った。

じゃあ、なぜみんなヴィッツを乗らないのか?

答えは、「無個性」だからだ。

そして「無個性」は格好悪い。

その気持ちはわかる。ヴィッツ同様、街中でよく見かけるプリウスなら、ハイブリッドでエコという「付加価値」があるから無個性でなくなり、プリウスを選択する。

前段が長くなってしまった。

渋谷ABEMAS所属、白鳥翔

名前から“高級車”である。

あなたのまわりで、これ以上“2次元”の名前の人はいますか? 少女漫画の主人公のような名前はいますか?

女の子がときめくドラマ系の主人公の名前だ。逆に今だと「あまりにもそれっぽすぎる」とボツになるぐらいだろう。

でも私は思う。

白鳥翔は「無個性」だ。

車でいうならば、さきほど挙げた

 

「ヴィッツ」だ。

彼には“麻雀ハイブリッド”というキャッチフレーズあるが、プリウスではなく、ヴィッツなのだと思う。

彼が持つ他のキャッチフレーズに「供託泥棒」があるが、

現代麻雀で「供託を取りに行く」というのは戦略としてスタンダードになっている。他のMリーガーもやっている。つまり基本、麻雀の打ち筋もスタンダードなのだと思う。

つまり

 

 

 

ヴィッツだ。

彼のRTDリーグのデータを見ると、高い連対率を誇る。誇るのだが、1位ではなく2位の回数が多い。その分ラスも引かない。

また鳴く確率、副露率が高いが、放銃率は低い。これも現代麻雀のスタンダード。

 

 

 

ヴィッツだ。

さらに白鳥は「そこを鳴くのか」ということもないし、「子側の初手ダブ切り」といった新定跡を作ったわけでもない。何度もいうがスタンダードなのだ。

放銃率が低いということは、無理筋を押さないということ。

「無筋を突っ張った! これは強い!」

と麻雀実況で叫ばれることはない。

だから、印象に残らない。街中に溶け込みすぎる車。「無個性」。

でもきちんと結果は残している。

彼が所属する日本プロ麻雀連盟では史上最年少Aリーガーとなり、「麻雀マスターズ」というプロアマオープン戦を連覇している。

彼は強いのだ。でも、それに見合った評価はされていない。

これほど真摯に麻雀に取り組み、結果を出しているのに、注目度が低い。

オラオラのヤンキーの方が発言力が高く、大人になったら真面目に働き始めたら「立派になったね」といわれる。

こっちはヤンキーに虐げられ、真面目に生きてきたのに、なんの関心も持たれない。

ふざけるな、と思う。

この現状を打破するには、化けるしかない。

白鳥翔は、金髪になった。服装も派手にした。

周りの反応は「どうしたの?」だろう。

なにが「どうしたの?」だ。ふざけるな。

彼のことを「厨二病」と呼ぶものもいるし、自分でも傾向があると自覚しているだろう。

「厨二病」と同じ読み方で「中二病」というのがある。こちらの方が元祖だ。

「中二病」の方は、思春期に、自分の“理想”と“現実”のギャップを飛び越えるための行動だと思う。これは「自分の中」の問題だ。

一方「厨二病」は、“自分の現実”と“他人の評価”のギャップを飛び越えるための行動だ。これは「自分」と「他人」の問題である・

そのギャップを飛び越えるために“自分があるべきイメージ(理想)”を作り出す。そしてそのイメージに、自分から近づいていく行動。それが「厨二病」だ。

そして白鳥翔は金髪になった。

彼は「自然と金髪になった」というが、それはあながち嘘ではない。金髪になることによって、自分のアイデンティティーを打ち立てた。その行動は「自然」なことだった。

この行動を起こせる人間は、そういない。

「麻雀をするのにそんなことはいらないのでは?」と言われるかもしれないが、麻雀だけではなく人として生きていくために、存在するために、彼は金髪になったのだ。

そしてその行動ができる人間を、Mリーグは求めていた。

もちろん、ただ金髪になっただけでは、それで終わりだ。

彼はもともとコメント力がある。しかも辛口だ。辛口というのは「難癖をつける」「批判的」というわけではない。ストレート、ということだ。

さすがに公式対局で「これって得なんですかね?」みたいなことは誰もいわないだろうが、対局者の選択について、その思考を分析し、評価する。だからすごい手順を見た時、白鳥はワクワクが止まらず、ストレートに興奮する。

Mリーグの解説は、当日対局に入っていないチームのMリーガーが務める。Mリーガーではなく、別のプロがやる方が公平公正の目で見られるのでは、という意見もあるし、それはその通りだと思うが、Mリーガーの個性を見る、という点で、Mリーガー自身が解説をするというのはとても良いと思う。

実際、この解説でMリーガーの考えを知ることができて、私は楽しい。

Mリーグ12/3(月)の解説を白鳥翔が務めた。

その第1回戦の南3局2本場をぜひ見てほしい。白鳥の解説を聞いてほしい。

赤坂ドリブンズ・鈴木たろうの

「なんで?」「こわいこわい」「すごい」

打牌選択の思考、プレイヤーへの尊敬、Mリーグ対戦相手としての畏怖。それがこの言葉にすべて入っている。もちろん、この言葉の後、きちんと解説をしている。

そしてこの解説を聞けば、彼は麻雀が執拗に大好きだということが伝わってくる。

2018年Mリーグの実況名場面第1位だと、私は思う。

そしてこの実況は、ひとつの新しい形、つまり「白鳥翔オリジナル」だ。

この表現を出せるようになったのは、渋谷ABEMASに入ったからこそかもしれない。彼はいやがおうにも自分を表現しないといけない場所にきてしまった。

渋谷ABEMASのエースはドラフト1位、多井隆晴。

そしてMリーグ・ニュージェネレーション代表、ドラフト3位松本吉弘。

白鳥翔はドラフト2位だ。

分かりやすく言えば、社会人ドラフト1位の即戦力、多井隆晴。大学卒のドラフト2位の白鳥翔。高校卒の未来のエース・松本吉弘。

白鳥は挟まれてしまった。いわば「中間管理職」だ。

周りに気を配ることと、伸び伸びと打つこと、両方求められる。「即戦力」であり「新世代」、この2つの役目を果たさないといけない。それを考えていたら、髪色もツートーンの「ヒカルの碁」状態になってしまって当然だ。

でもうかうかしていたらチームメイトふたりに挟まれ、自分が埋没してしまう。また「無個性」になってしまう。

このような葛藤はMリーグが終わるまで続くだろう。いや終わっても続くかもしれない。その葛藤が終わる時は、白鳥が次のステージに立った時だ。

そのステージに行くために彼は「魔法少女」という新しいコンセプト、アイデンティティーをぶち上げた。

私も中二病で厨二病なのでよく分かる。

「じゃあ、魔法少女ってどういう意味だ?」

そう質問されても、答えられない。

“魔法少女”というのはそのままの意味だからだ。魔法少女を目指すことによって、彼は自分が「覚醒」すると信じている。この「信じる力」こそ、彼の大きな武器だ。自分は「みにくいアヒルの子」ではなく「白鳥」なのだと、アヒルの時からずっと信じていた。この「信じる力」で、彼は傷を作りながらも何段もステップアップしてきた。

この「魔法少女」発言はかすり傷ではすまない。

大ヤケドだ。だけど、彼は自分は魔法少女だと信じている。大ヤケドのリスクを背負ってでも、Mリーグに秘密の魔法をかけるため、魔法少女になるのだ。

正確に言えば、彼は「魔法少女になる」というコンセプトを見せて、行動したいのだろう。魔法少女が活躍する「ライトノベル」をみたいのだろう。

話の冒頭に戻る。

私は2年以上、数多くの麻雀漫画の原作を持っていき、結局漫画にはならなかった。

そして思う。

その漫画原作は、自分が書きたかったものか?

漫画になること第一で、編集者のアドバイスをそのまま直す「原作マシン」となっていたのではないか?

どうして、編集者のアドバイスを越えるような原作を書こうとチャレンジしなかったのか?

――だって、ダメになるのが怖かったんだもん。

厨二病の自分がいう。

そしてその部分は、私は今でも持っている。

私も魔法少女になりたい。いろんな常識を乗り越えて、自分が楽しいと思い、その姿を、笑われながらでもいい、楽しんでほしい。

感動してほしい、とは思わない。でも、なにかを感じてほしい。

白鳥が魔法少女になった時、それは白鳥翔が新しい「スタンダード」を作った時だ。そしてそのスタンダードが完成した時、白鳥はたぶん、もうそこにはいない。

彼は「魔法少女」の次の、新しいスタンダードを提唱しているはずだ。

「魔法少女」編は終わり、新しい物語が始まっている。

でも今はまだ「魔法少女」編の途中。その物語が完結するのを、Mリーグで見ることができるはずだ。

 

花崎圭司(はなさきけいじ)

放送作家・小説家・シナリオライター。映画化になった二階堂亜樹の半生を描いた漫画「aki」(竹書房刊)の脚本を担当。

(C)AbemaTV