「最高の団体競技」へ…もっと監督の采配・戦術を活かせるルールを!【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

「最高の団体競技」へ…

もっと監督の采配・戦術を

活かせるルールを!

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2019年2月4日

 

「みんなみくを推すしかない!」

からのー、お寿司を握るポーズからワンハンドビームピース!

――でおなじみ、けやき坂46(通称「ひらがなけやき」)の金村美玖さん。

「推すしか」と「お寿司か」を掛けているんですな。

そのあたり、名前だけでも覚えて帰ってください。

さて。2月4日(月)のMリーグ

先に結果をいうと園田賢プロ(赤坂ドリブンズ)が2連勝をしました。

その2回目のインタビューで

「髪型が普通になりましたね」という質問に

「髪をあげておでこを出すと成績が悪いので、神頼みではないですが、いつもどおりにしました」

とのこと。

「神頼み」

→「かみだのみ」

→「髪、頼み?」

とダジャレ事故が起きていました。

でも「お寿司」とか「神頼み」とかダジャレこそ日本語の面白いところです。

――と、だいたいいつもこんな書き出しなので、僕の観戦記を読まずページバックされると思うのですが、それも致し方ないと思いつつ、我が道を行きます。

で、まだMリーグの話をしません。

2月3日の「熱闘!Mリーグ」。もはや「鈴木たろう」から「鈴木ゼウス」に改名するのではという勢いのたろうプロ。

1月27日放送の「熱闘!Mリーグ」で、たろうプロは憧れの女流棋士・山口恵梨子プロにサプライズで対面し、将棋対局をされていましたが、

そのえりりんが「熱闘!Mリーグ」に登場しました!

「えりりーーん!」と思わず叫びました。

将棋の対局解説・実況での彼女の物腰の柔らかさ、そして解説の棋士へのツッコミ。とてもすばらしいんです。

将棋と麻雀では、競技性や持ち時間の違いなのでいろいろと変わってくる部分が多いですが、Mリーグにおいて、視聴者も「今日はえりりんがいる!」といった実況側からも、いろんなアプローチができるのではと思います。

あと「熱闘!」で、それよりなにより、僕の大好き「ハライチ」さんの岩井勇気さんも出演されていたのでテンションあがりました。岩井さんのヘアスタイルは「哭きの竜」オマージュだったのか!

ちなみに中学の頃、熱で3日以上寝込んでいたとき、ずーっと「哭きの竜」ばかり読んで母に心配されたことがあります。

それぐらい読んでいるので、今でも運が悪いプロを見ると

「竜ーー! おまえの運をわしにくれやー! オヤジにくれやー!」

という甲斐正三の言葉を思い出します。

――と我ながら変なところの記憶力はあると思いながら、冒頭に戻ります。

Mリーグ、終盤の終盤ですが、みなさんは

「推すしかないチーム」「推すしかないプロ」

は見つかりましたか?

私は、Mリーグをまるごと楽しもうと思っているのでこれといった「推し」というのはありませんが、それでもだんだんと濃淡は出てきています。

チームでいえば、

「渋谷ABEMAS」

 

「セガサミー・フェニックス」

の2チームです。

なぜこの2チームを推すのか?

この2チームにはある「共通点」があるからです。

みなさんわかりますか?

正解はこの2チームは「監督の名前がわかる」です。

渋谷ABEMASは藤田晋監督、

セガサミー・フェニックスは高畑大輔監督です。

(もし他チームで見落としがあれば申し訳ありません)

選手起用の最終責任は「監督」にあると私は思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする