麻雀世界大会国内予選に参加してみた

2015年12月にマカオで開催される「麻雀世界大会」(WSOM)。その国内予選が東日本・西日本でそれぞれ開催され、準決勝に進出するメンバーを選出していた。

10月17日に行われる準決勝、11月に行われる決勝戦に勝ち抜けば、晴れてアマチュア代表としてマカオ行きのチケットが手に入る。マカオの大会は、なんと賞金総額7000万円というスケールの大きさ。これはぜひ、取材もかねて予選に出場してみなければいけませんね。

というわけで、当サイト記者がウェルカム柏店で行われた予選にこっそり参加してきた。首尾よく勝ち上がればビッグマネーは目の前だ。
しかし! そんな下心を神様に見透かされたかのように、全然手が入らない! ツモれない!

半荘3回戦を戦って、4着・3着・4着という有様…。

事実上の敗戦処理の4回戦目、それでも
「役満をアガって15万点ぐらいとれば、もしかしたらいけるかも…!」
なんていう甘い期待をもって卓に着いたところ、東1局…

「ツモ! 16000オール!」

でました! 親の役満です! 見事にアガりました! …対門が!!

というわけで、それまでトップを走っていた西澤さんが、さらに四暗刻を上乗せして大トップ、+200ポイントオーバーをたたき出して見事優勝!

西澤泰幸さんと2位の平田裕太郎さんが、10月17日に行われる東日本準決勝に進出となりました! おめでとうございます!
1011

この記事のタイトルとURLをコピーする