佐々木寿人、記録更新の94,000点!! 単独同日2連勝、かつ2ランクアップの要素多すぎ!!

佐々木寿人、

記録更新の94,000点!!

単独同日2連勝、かつ

2ランクアップと要素が多すぎる!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕77日目、第2戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東場の親番で10万点を超える、驚異のアガリ力を見せた佐々木が、堀のハイスコア記録を更新して、個人成績首位に。麻雀格闘倶楽部も5位に浮上した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾渋谷ABEMAS多井隆晴、そして佐々木の4名。

東1局は、西家・多井がリーチ・ツモ。ピンフ・ドラ2の2000・4000で、まずは多井がリード。

しかしこの第2試合、ここから大変な事態に陥る。

東2局、親番の佐々木が6巡目にリーチ。ドラでダブがアンコの赤1、待ち。道中をアンカンすると新ドラがアンコのリンシャンからをツモって、リーチ・ツモ・リンシャンカイホウ・ダブ・ドラ7・赤1の13翻! 12000オールという超弩級の大物手が炸裂。

同1本場、佐々木はリーチ・ツモ・チートイツ・ウラ2の6000オールを加点。

さらに2本場では、ダブポン、アンカンのドラ1、待ち(ドラ)。をツモアガって3200オール。

同3本場は、終盤にリーチをかけて一発ツモ。赤1の4000オールで、ついに持ち点は10万点を超える。

オーラスでは、9万400点にまで持ち点を減らした佐々木だったが、・赤1のカン待ちを園田から討ち取って2000点。堀の持つハイスコア記録を更新した。

佐々木はインタビューで、

「よくアガりましたね。(12000オールの局は)リーチ・ドラ1くらいの気持ちでリーチを打ちました。(個人首位に立って)これで絶対に風は変わると思うんで、それはよかったと思います」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 9万4000点/+114.0
2着 多井隆晴・ABEMAS 1万7300点/▲2.7
3着 堀慎吾サクラナイツ ▲3600点/▲43.6
4着 園田賢・ドリブンズ ▲7700点/▲67.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +557.4(78/90)
2位 TEAM RAIDEN/雷電 +76.3(76/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +54.1(78/90)
4位 EX風林火山 ▲9.6(76/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲39.2(78/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲179.7(78/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲199.4(76/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲259.9(76/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月18日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:滝沢和典
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!