速すぎて見逃しちゃった!そんな佐々木寿人の光速判断を対話形式で分かりやすく解説! 【Mリーグ2020観戦記2/18】担当記者:ゆうせー

速すぎて見逃しちゃった!

そんな佐々木寿人

光速判断を対話形式で

分かりやすく解説! 

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年2月18日

小林桃「はやーい!もう1試合目終わっちゃったね!寿人さんめっちゃ強かった!」

朝倉たろう「そうだね!あれだけ打牌速度が速いのに、いろんな判断をしていてホントにすごいね!そうだ!まだ2試合目まで時間があるから、俺が桃ちゃんに追っかけ再生機能を使って解説してあげるよ!アベマプレミアム入っててよかったね!」

桃「う、うん…ありがとう」

これは、Mリーグが大好きな二人の若者の物語。

2月18日 第1試合

東家 内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)

南家 白鳥翔(渋谷ABEMAS)

西家 丸山奏子(赤坂ドリブンズ)

北家 佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

解説 滝沢和典 実況 日吉辰哉

たろう「まずは東1局のこのシーン。」

たろう「ドラのを引いてチートイツのイーシャンテンにもなったんだよね。」

桃「うーん、一旦切ってもいいかな…難しいね。」

たろう「寿人さんはすぐに、」

たろう「をツモ切った。がないから、を残したときに増える受け入れはの2枚だけ。しかもをツモっても単騎待ちになってしまうんだ。

を残しておくと、は3枚あってしかもピンフドラ1高目イーペーコーのリャンメンリーチが打てる!」

桃「受け入れ枚数と最終形の待ちの良さを見た一打なんだね。これをパッと判断出来るのはすごいなぁ。」

たろう「結局はシャンポン待ちになって、」

桃「私の大好きな白鳥さんから2600出アガリ。熱愛報道が出ても応援する気持ちは変わらない。今日は厳しかったけど、また次回も応援します。頑張って!」

たろう「今日は本当に放銃が多くてキツい展開だったね…」

桃「東2局は内川さんが白鳥さんから12000アガった局だから飛ばして…と。次は東3局ね。」

桃「うわー!すっごい手!!!」

たろう「マンズをで残しているのは、もう一枚ドラのを引いても使えるようにするためだね。そして…」

たろう「すぐにテンパるんだ。桃ちゃん、どうする?」

桃「三色にするとドラが出て行っちゃうから…切るのはとして。ダマで出たときにこの手が8000点なのは、ちょっとリーズナブルな感じだからリーチしたい!」

桃「寿人さんもリーチだったよね!」

たろう「そう!リーチをかけると、リーチタンヤオピンフ赤赤ドラ。出アガリでも12000になるのが大きいよね!ダマの5翻は、リャンメン待ちなら積極的にリーチを打って打点上昇を見るのが基本的にはいいね!」

桃「私、最近黒沢さんに憧れてセレブ打法を勉強してるから、こういう選択は任せて!」

たろう「(だから最近桃ちゃんお弁当2つ食べてるのか…)」

桃「真剣な眼差しの寿人さんかっこいいね!」

桃「ツモったー!裏ドラは乗らなかったけれど、今日も元気に3000-6000!」

たろう「(最近桃ちゃんVtuberさんにもハマってたな…)この後の寿人さんの親番は、内川さんが上手く1000点で流して南入。ここからは寿人さん、後手を踏むことが多くて苦しい展開になったんだよね。南1局は、」

たろう「上家の丸山さんのリーチに現物1枚からベタオリ。あとが続かないかも知れないけど、イーシャンテンからの無筋2枚押しは厳しい。トップ目だからなおさらだよね。この判断も速かった。」

桃「この局は、丸山さんは内川さんから2600の出アガリ。寿人さんにとっては嬉しい横移動だった。次の南2局は、」

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!