麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「恐れ知らずの打撃戦」観戦記【A卓】経験の下石&古橋か、勢いの厚谷&山田か…一皮むけた若手の台頭




それならば、も切るし切る以上はリーチが見合う。多少長考をしていたのは切りヤミテンを見たのか。これならを引いたときにを振り替えてタンピンのリーチが打てる。

厚谷のリーチを受けながらも競り勝った下石。点数的にはたったの二千点だが、二着勝ち上がりのトーナメントではなかなかリーチに踏み込むのには勇気がいる。

下石は勝ち慣れている打ち手だなと思った。

東3局

下石の選択が冴えわたる。まずはこのリーチ。

を引いてのカンでリーチだ。意外とこのリーチを打てない人もいるのではないか?

下石の考え的には…

「ピンズはもの凄く場に安い。おそらくは山にいる。が出るかツモって裏1来てくれ…!」

大まかにはこうだと思う。

これをツモる下石。裏1どころかウラウラ。大きすぎる2000-4000だ。

下石はこのリードを活かすために東4局では4000オールをツモって局面をリードする。これで勝ち上がりはほぼ決まったか。

南1局

降りられない厚谷が先制リーチ

点数が無い以上、コツコツと積み上げるしかない。

このリーチに反撃をしたのがを鳴いた山田。

ドラのを勝負しての現物のカン待ち。

完全なる安全牌もないこともあるが、何といっても現物待ち。ドラを打った山田の手は安いと思っての下石の差し込みも狙える。

これを古橋からとらえてゲームセット。

局消化に努める山田、下石を止めることはできなかった。

勝ち上がりは 山田、下石の両名!

山田は何といっても親リーチにドラを打った選択は素晴らしかった。下石からの差し込みが狙えるとはいえ、ヒヨって切れなくなることもあるはずだ。去年の山田だったら切れない牌だったかもしれない。間違いなく成長しているなと感じた。

下石は流石、準雀王にふさわしい内容の盤石の勝ち上がりだった。

決勝はどのような打撃戦になるか今から楽しみだ。

 

危険な鬼太郎
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎