西原理恵子 & 山崎一夫 運不運も実力のうち!




運不運も実力のうち

 

前回は私が人間ドックの誤診んで、腎臓ガンを宣告された話でした。

「山ちゃん、相変わらず運がいいね。俺なんか診察どおり大腸ガンだったもんね」

末井昭さんが祝福してくれました。

「運がいいって言うんですかね。元もとガンじゃなかったんだから、誤診される先生に当たったのは、運が悪いんじゃないの」

「そうだね、ガンじゃ無かったっていうのも、誤診かもしれないしね」

「やめて~」

現在日本では、最終的に国民の半分くらいがガンと診断され、3分の1くらいがガンで死亡するそうです。

 

だいぶ前に西原理恵子さんの夫の鴨志田穣さんが、腎臓ガンで無くなった時の葬儀に、私と末井さんと、島本慶さんと、尾沢工房さんと参列しました。

「鴨ちゃんまだ若かったのに、ガンて怖いね」

そう言ってた4人のうち末井さんと尾沢工房さんの2人が、すでに大腸ガンの手術を受けているんです。

幸いなことに二人とも、5年以上経過して完治してます。

私は誤診が判明した時は、もちろん嬉しかったんですが、手術の覚悟を決めていたので、ちょっと拍子抜けした感じでした。

病院を出て前回願賭けした神社にお礼参りに行きました。

「ガンの診断が何かの間違いだったら死んでもいい」

という先日の謙虚な気持ちは薄れてて、

「なんで電話かメールで早く教えてくれないんだ」

と贅沢な不満が湧いて来ました。

先の人間ドックは、PETという方式だったんですが、先生に聞いてみました。

「この検査で分かりにくい部分はあるんですか?」

「実は、消化系は精度が高くないので、できれば胃カメラと大腸カメラは別にやった方がいいですね。ただしうちの大学ではだいぶ先でないと予約は取れませんけど」

「じゃ、よそでやりますので、データを頂けますか?」

電話で末井さんに相談したら、すぐにやってくれる所を紹介してくれました。

「ただし、高いよー」

高いと言っても、内視鏡2回分だからたいしたことはないと思ってました。

ところがですね、CD-ROMのデータを持って行ったのも関わらず、最初から人間ドックを全部やり直すと言うんです。

 

 

そりゃ高いわ。

 

病気への対処法は
時代や場所にって違う

「内視鏡の結果ですが、直腸にポリープがありました。幸いガンになる心配は無いタイプです。大腸や胃や食道もだいじょうぶでしたよ」

嬉しいんですが、なんだか、最初に人間ドックを受けなければ良かったのかも、と思っていまいました。

「人間ドックを受ける人のほうが長生きしない」

「ガンが見つかっても放っておいたほうがいい」

最近は、そんなお医者さんも増えているようですね。

ただし、これが正しいかどうかはまだ分かってません。

「あの先生の言うことを信じて、手遅れになるまで病院に来て貰えないケースもあります」

そう言う医者もいます。

ポリープは、昔は前ガン症状と言われて、ガンに進行する可能性が高いと思われてました。

島本慶さんは、これまでに数回内視鏡手術でポリープを切除しています。

「昔は、医者もポリープがガンになると思ってたけど、途中から、どうもガンにならないって気づいたんじゃないの。でも儲かるからあいかわらずやってる。キノコ狩りだね」

島本さんは自分の意思でポリープの切除をしてますが、もっと前の時代には、ポリープ発見だけで、胃を丸ごと摘出してた医者もいたと言うから恐ろしいです。

私の直腸のポリープも、不運な時代に見つかってれば、手術で人工肛門(ストーマ)になってたかもしれないんです。

 

病気が治るのは薬や手術よりもほとんどが自力らしい

「病気やケガが治癒するのは、5割が自然治癒。残りの半分はプラシーボ効果。薬や手術の貢献度は2割から3割」

あるお医者さんの見解です。

要は自力や気のせいや意思力の効果も大きいと言うことですね。

大昔は、病気は悪魔の仕業だと考えられており、祈祷師の呪文で直そうとした時代もありました。
伝染病を直すのは難しそうですが、軽い精神疾患などは効果がありそうです。

今、西原理恵子さんと末井昭さんといっしょに、ギャンブル関係の本を作ってるんですが、その中に末井さんの鬱病の話が出て来ます。

「僕が欝から脱出するのに、パチンコがキッカケになった。とにかく他のことを考えずに集中できるんだから」

私もそう言う傾向が多少あって、起床してからもぼーっとしてたのが、麻雀などのギャンブルをやって、やっと本格的に目が覚めるんです。

この記事のタイトルとURLをコピーする