魅せる麻雀と自分の信念の狭間で…チーム雷電・瀬戸熊直樹の執念【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

まさに瀬戸熊オリジナルの一打だ。

読み通り、日向はが鳴ける形だった!

しかし、次のツモでが重なったため切り。

そして瀬戸熊は次のツモでを重ねる。

日向にを鳴かせていれば、このが暗刻になってのシャンポン待ちになっていたのだ。

そしてまでも重ね、本日2度目の四暗刻イーシャンテン。

Mリーガーの中で最も四暗刻のイーシャンテンになっているのは、おそらく瀬戸熊だろう。

そして同巡、日向もを重ねて、こちらは小四喜のリャンシャンテン。

これはまさかの役満対決か?

鳴きやすさを考え、を打ち出す。

しかし今回の瀬戸熊はそのを見逃さなかった。

ポンテンで出アガリでも12000点あることが決め手になったか。

魅せることは大事だが、アガリがなければ勝てないのも事実。

魅せる麻雀と勝利とのバランスをギリギリまで勘案してのポンテンだ。

日向もをポンして応戦する。

「ポンする?しない?」

とか言っている場合じゃない。

どこからどう見ても鉄ポンだ。

瀬戸熊も危機感を覚えずにはいられない。

だがしかし、ツモれば6000オール。そう簡単に降りられるはずもない。

大物手対決の行方は…

 

 

瀬戸熊のアガリが早かった!

異端とも言えるドラの切りからを重ね、見事な6000オール。

守備意識からの見事なカウンターが炸裂した。

順調に点棒を積み上げ、快勝かと思われたが、ここは修羅のMリーグ。

シャークタイムに突入した魚谷が4000オール、6000オールで一気に瀬戸熊を抜き去る。

それでも何とか点棒を回復し、最終局に持ち込む。

勝利条件は1300-2600ツモか、満貫出アガリだ。

字牌を整理しているうちに、絶好のイーシャンテン!

234の三色になれば文句なし。タンピンでもツモればOKだ。

持ってきたのは三色にならない

しかし、これでもツモか直撃の条件は出来た。

瀬戸熊は静かに、だが気迫のこもった声でリーチを宣言した。

しかし、ここでラス親の日向がを持ってくる。

不幸な裏3などで箱下1万点まで点棒を削られていた日向。

そんな状況で、このを止める選択肢は残されていなかった。

瀬戸熊のアガリ。裏1で勝利だ。

…が、瀬戸熊は手牌に手を掛けない。

それどころか微動だにしない。

実況も解説もコメント欄も、全てが止まった瞬間だった。

そう、日向のを見逃したのだ。

確かに裏ドラが乗ればトップだ。親の日向も無筋を押してきている。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!