期待値を稼ぐとは何か…園田賢が出し続ける「この一局」の最適解【熱論!Mリーグ】担当記者:渡邉浩史郎




熱論!Mリーグ【Tue】

期待値を稼ぐとは何か…

園田賢が出し続ける

「この一局」の最適解

文・渡邉浩史郎【火曜担当ライター】2019年10月29日

ドリブンズの一戦目は皆様お待ちかねの丸山選手。劇的すぎるトップでこれ以上ない鮮烈なデビューとなった。

ドリブンズ全体で丸山を育成するという言葉の通り、丸山の麻雀にはドリブンズのすべてが詰まっていたように思えた。まだ見ていない方は、ぜひとも実際に試合を見てみるか、同じく火曜ライターのZEROさんが書いた観戦記を読んでほしい。

そんな丸山をプロテスト段階で見出していた男がいる。

そう、ドリブンズのエース。園田賢だ。

この男もまた、ドリブンズというチームが目指す麻雀を体現している。

期待値を稼ぐ麻雀

しかし、麻雀における期待値にはいまだに不明瞭な部分が多い。

そんな中でその“期待値”を突き詰め、これまで解説陣をも唸らせるような打牌選択・鳴き判断を数多く見せてきた園田。この試合でも随所で彼の麻雀観を垣間見ることができたように思う。ドリブンズ2本立てとはなってしまうが、本記事では園田にフォーカスして試合を振り返りたいと思う。

【東1局】

開局から園田に手が入る。

この手を丁寧に進めて……

このテンパイ。ここは……

切りのリーチといった!

タンヤオに構えることで7700以上の打点を確定させる形だ。待ちの平和が付くリーチの方が現状の最高打点である跳満を追いやすいが、出アガリしやすいでの打点が少し低いうえに、既に二枚切られている。

これも一つの期待値の稼ぎ方であろう。

終盤にテンパイを入れた前原からが押し出されて7700のアガリ。

【東3局】

ここからオタ風のをポン!ドリブンズの麻雀を見慣れた人間ならおなじみ、高くて遠めのホンイツ仕掛けである。

待望のを暗刻にしてのこの形。ここは生牌のを切っていった。

以外の字牌は自分の仕掛けに字牌を被せてきている日向への安全牌だ。早そうな親の亜樹や変則手の前原のことも考えての守備的な生牌切りであろう。

を使った・ホンイツの満貫は消えてしまうが、を使った満貫や、またはが重なった場合でもチャンタによって満貫になるルートが残されているというのも大きな要因だろう。

次巡、を引いて切り。の選択だが、全員の役牌であるから切っていく。

前原にをポンされるものの、を引いてさらに一歩前進。ここでも打としてを手に置いた。

自分と同じくピンズのホンイツを作っている前原に、自分の持っていないピンズの上が厚く持たれていそうという考えもあっての一打だろうか。上家の前原にはポンこそされうるものの、チーはされない。ここでからいった場合、前原にポンで待ちテンパイを組まれてで放銃となってしまう……というケースは容易に想定できよう。順子に当たりうる牌を先切りすることで、このような放銃を減らすことができる。

日向から出たもポン!これはポンしてもイーシャンテン変わらずの、シャンテン数が変わらない仕掛けだ。しかしイーシャンテンからテンパイへの受け入れがぐっと増えるほか、比較的しやすいポンで単騎の満貫を作ることが出来る。

そしてを重ねてテンパイ!!

・ホンイツ・トイトイの満貫だ!

果たして同じルートでこの満貫テンパイにたどり着く人がどれだけいるだろうか?

Mリーグのヘビーウォッチャーの皆さまにはもはやお馴染みかもしれない、魔法使い園田賢のマジカルトイトイ。

彼の一番槍とも言えるこの手役で今夜も期待値を稼いでいく。

【南1局】

今局も園田がオリジナルな手順を見せる。

このをポン。現状5800のイーシャンテンだが、赤やドラ、三色などで容易に12000へと変貌する楽しみな手牌だ。ここまではセオリー通りと言えそうな手順だが……

そこにを持ってくる。難しい手牌だ。

ポン材を残しつつ、ドラを確実に使うための打が一般的であろうか。

しかしが二枚見えである。ポン材とソウズのリャンカン形を残す打や、上家のピンズ模様の前原から鳴けそうなカンを固定し、234の三色も追える打なんかも面白そうだ。

園田の選択は……

なんとドラの!!

恐らくほとんどの人が切らないではないだろうか。

この選択の背景には園田の鋭い読みが存在する。園田はが山に1枚のみか、既にいない可能性が高いと読んだのだ。

注目してほしいのは日向の捨て牌である。

この記事のタイトルとURLをコピーする