期待値を稼ぐとは何か…園田賢が出し続ける「この一局」の最適解【熱論!Mリーグ】担当記者:渡邉浩史郎

の手出しの後に手出しを挟んでをツモ切っている。

比較的まっすぐ進めていそうな日向の捨て牌。特にドラそばのがかなり早いのに注目だ。

園田の目からは赤が3枚全部見えているため、日向の手には赤がらみの高い手が存在しない。日向の手にはドラ受けを一枚切っても大丈夫な形が残っているということが分かる。

考えられるのはもう一枚を持っているパターンやが完成している、またはが対子or暗刻等であろう。

の後の手出し、ツモ切りから暗刻や対子は少なそうだ。もしそうであるならばまだ周りの形を維持しておきたいからである。少ないパターンとして対子or暗刻のかなり早い場合が存在するが、その場合、なおさら園田がアガることで、日向のアガリをつぶさなければならない。

一番考えられるのがなどのをすでに持っているパターンであろう。これならよりを残した理由、をツモ切った理由が全て説明できる。

こうした日向の河からの情報、また、他にもまっすぐ進めているように見える亜樹の河の印象から、に期待できないと園田は読んだのだ。

もちろんを縦に引いたり、を引くことで、を使わずともを使えるようになるかもしれないが、それはこの手をリャンシャンテンとして見ているということである。先ほど述べた、日向や亜樹の河のまっすぐ具合から見ても、そこまでの猶予はないと園田は考えたのだろう。

また、この手はを切った後でも234の三色で5800に変化する可能性がある手牌だ。打点面の変化はそちらで折り合いをつけることができる。

これらの判断をほんの数秒でやってのけるのだから、解説陣はたまったものではない。

ホンイツのカンテンパイを入れていた前原から出る。これを当然……

!?

スルーした!?スルーした!!

なんとこの2900の愚形が埋まるテンパイをスルー!これには再び驚かされた。

考えてみよう。先ほどとは情報が変わり、園田のドラ打ちに対して、当面のライバルである日向は、園田が鳴いていないを切って回ったように見える。対日向という観点で見れば時間的猶予ができたと言えよう。

上家の前原も、ドラのと手出しで出てきており、ピンズも字牌も一枚も余っていない。テンパイしていないことも多いだろう。

仮にこの手、で鳴いてしまうと、手出しがのカン待ちか、手出しがシャンポン待ちになる。どちらもマークされるところであり、出アガリはかなり厳しそうだ。

一方で今スルーした上にドラまで切っているカンはどうだろうか。相当な安全牌に見えるため、亜樹や日向は今すぐ打つことなく、終盤の安全牌として取っておかれることも多い。後にピンズかマンズが埋まったカンは見た目以上に相当アガリが見込める牌になりうる。

園田の恐ろしいところはこうした難しい選択肢をかなり早い段階から決めておいて、ノータイムで選択するところであろう。今回の場合はを切った段階で、恐らくそこまで考えていたのだ。

終盤に前原からをポンできてテンパイ。巡目が深かったため、アガリにこそ結びつかなかったものの、この一局の最適解を導き出そうとした園田の強い意志を感じられる場面であった。

【南1局・1本場】

強烈な手順のテンパイ連荘で一本場。

手牌に一枚浮いていたドラのを丁寧に重ね、勝負手の2シャンテンを作る。

その後前原からリーチを受けるが、もちろん簡単には引かない。

12巡目、前原がツモ切ったをチーしてテンパイを入れる。

これで安目5800、

高目12000のテンパイ!

しかし14巡目、無筋のを掴むと切りで降りを選択した。

この手は打点こそあるものの、待ちがドラとその表示牌のシャンポンで相当悪い。

残り巡目・点棒状況も手伝い、一旦引く形とした。

そして15巡目。ドラドラで粘っていた二着目の日向から追っかけリーチが入る。

ベタ降りを選択していた園田、ここからはお祈りタイムと思われたが……

直後前原がツモ切ったでピタリと止まった。

筆者脳内 「チーすんの!?」

このをチーすると日向のリーチの一発目を消すことが出来るが、前原のツモ番が確定で一回増えてしまう。定石ならスルーだ。

この時の園田の思考に迫るべく、一旦このチーがもたらす要素をまとめてみようと思う。

メリット

①二着目、日向の一発が消せる

日向のリーチを分析すると、前原への押し方や追っかけリーチという性質から、恐らく打点が高く、待ちもいい事が多いだろう。そして日向は園田とトップを争っている二着目。一発の一翻で打点が上がるかは定かではないが、比較的一発を消す価値は高い。

②前原の1000/2000ツモ

日向からリーチ棒が出ているため、1000/2000のツモなら日向との点差を広げずに局を消化出来る。

③前原の満貫ツモ

なんとこれにもメリットがある。このまま流局した場合、園田と日向との点差は3000点縮まる。しかし前原の満貫ツモなら日向との点差は1000点しか縮まらない。もちろんこれはVS日向に限った話ではあるが……

デメリット

①日向の出アガリの抽選が一回増える

たとえ出アガリであったとしても、二着目日向のアガリは園田的には嬉しくない。さらに前原のリーチに愚形の可能性がそこそこある事、日向のリーチに良形の可能性が高い事を踏まえると、ハイテイの抽選は日向にとって得なものといえるだろう。

②前原の高打点ツモ

園田は親番。前原の満貫・跳満ツモが成れば、トップ争いが園田VS日向から、園田VS日向・前原になってしまう。(しかし、上記のように前原のリーチは愚系の可能性もそこそこある。比較的薄い目のデメリットと言えるかもしれない。)

チーにより生まれる効果は以上だろうか。思考を駆け巡らせる園田。メリット・デメリットを天秤にかける。約三十秒の小考の末、彼が選択したのは…

皆さんご存じの、チーだった。そしてこの結果が……

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!