倒れるなら前のめり!鳴いて運命に抗う最速マーメイド・魚谷侑未【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

「ポン」という呪文と共に、魚谷はなおも運命に抗い続ける。

時間はかかったが、なんとかテンパイを入れた。

しかし、これで終わりじゃない。

黒沢から押し出されたこのをすぐさまポン。

魚谷のポン発声は非常に早い。

このも、出てきたらテンパイでも鳴こうと決めていたはずだ。

これでの満貫テンパイ。

そしてこの鳴きが、思わぬ方向に影響する。

形式テンパイを入れていた小林にドラのを掴ませたのだ。

さすがの小林もこれは降りるしかない。

結果的に3人テンパイを2人テンパイにすることに成功した。

たった500点の差だが、これが後々大きな意味を持ってくる。

逆転ルートをかろうじて残した、オーラスの親番。

最速マーメイド・魚谷には、むしろ鳴いてくださいと言わんばかりの手だった。

すぐさまをチー、をポンして待ちのテンパイ。

時間はかかったが、何とか最終手番でツモって2000オールを加点した。

粘りに粘った魚谷だったが、今日の反撃はここまで。

その親番は、同点トップという意外な形で終わりを告げた。

魚谷自身は悔しそうだが、それでも出来る限りの最善手は尽くしていた。

ただ待って4着を受け入れるよりも、運命に抗って鳴く道を選んだ。

傍観しての4着よりも、精一杯戦って4着の方が、視聴者も応援したくなる。

昨シーズンは下位に沈んだセガサミ―だが、今年はチーム全体で粘り強さが増しているように見える。

まだまだこれから。気持ちを切り替えて次戦に臨んでほしい。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!