鉄壁の近藤誠一をも打ち砕く朝倉康心の「アサピンアイ」 パイレーツvs風林火山、ボーダー攻防戦!【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

ここは絶対に負けられない。

近藤もをチーして粘るが、親リーチに対してこちらは2000点の手。

さすがにまでは押し切れない。

そして待望のをツモ!裏も乗って4000オール。

この半荘初めての連荘となった。

しかし、アサピンアイにもミスは付き物のようだ。

続く南2局1本場では、亜樹と近藤のリーチを受けて…

一旦は止めたを打ち出すと、これが亜樹に3900の放銃。

実はが4枚見えていてがかなり通しやすくなっていたのだが、うっかり見落としてしまったようだ。

「アカン、やってしまった

朝倉の顔から血の気が引いていく。

しかし、そこで崩れるほどヤワなメンタルじゃない。

南3局に3900をアガリ、すぐさまリカバリー。

南4局

オーラスは近藤がポンから軽快に仕掛け、2着浮上とラス回避を狙う。

チーム首位のフェニックスにとっては、3着でも及第点だ。

連続無放銃記録が崩れても、至って落ち着いている。

メンタルは全く崩れていないようだ。

ここに親の亜樹が割って入る。

をポンして待ち。

残り28戦。迫るタイムリミット。

もう動かないと間に合わない。

しかし、亜樹の連荘は、ラス回避の鬼・近藤が許さなかった。

亜樹のポンを見て、待ちをペン待ちに変更。

シャンポンのままだったら、ツモで2着浮上もあった。

それでも、チームのためにラス回避を優先。

亜樹の現物のを狙ったのだ。

この「紳士の選択」が大正解。

すぐにを引き寄せ、3着のまま終局。

近藤のラス回避記録は17試合連続に更新されたのであった。

「まつかよのインタビュー受けたかったなまぁ次の機会があるか」

フェニックスの首位通過を目指し、着実に歩を進めていく近藤だった。

試合は朝倉が自身5勝目を挙げ、個人のマイナスを完済。

シーズン序盤の不調を跳ね除け、強い朝倉が帰ってきた。

チームポイントでも、パイレーツがプラス圏に浮上。逆に厳しくなったのは7位の風林火山。

いよいよセミファイナル進出に黄信号が灯る状況になってきたか。

昨シーズンの1位2位が下位に沈むという緊急事態。

果たして風林火山はこの逆境を打開できるか?

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!