藤居冴加(ふじいさえか) プロ雀士を志し滋賀から単身上京 若手女流では珍しい守備型戦法で頂点を目指す

藤居冴加(ふじい さえか)は日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士である。

滋賀県出身、10月29日生まれ。

中学生の頃家族麻雀で三人麻雀をはじめ、四人麻雀は大学3年生の夏に雀荘でバイトを始めて本格的に打つようになる。
大学卒業後、コロナ渦で一度は断念したものの、プロ雀士を志し2020年7月に地元滋賀県から単身上京。
2021年3月、日本プロ麻雀連盟プロテスト合格。
日本プロ麻雀連盟の20代女性限定タイトル・「桜蕾戦」の第3期で決勝戦進出を決める(優勝は廣岡璃奈)。

雀風は門前守備型。しっかりと守りを固めつつ、攻めるときはしっかりと攻め加点する。
好きな役はホンイツ

目標とする雀士はセガサミーフェニックス所属のMリーガー・魚谷侑未
シンプルに強いところに憧れるという。

普段は雀荘に常勤勤務の他、ゲスト活動も行っている。

趣味はゲーム、アニメ・映画鑑賞などインドア派。性格はマイペースで気分屋だという。

近代麻雀3月号にて、2022年ブレイクする新人女流プロとして掲載される。
今年の目標は、女流桜花・リーグ戦昇級。

藤居冴加 プロフィール

生年月日 10月29日
出身地 滋賀県
プロ入会 2021年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟
SNS Twitter:藤居冴加
\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!