打点力を加えた最速マーメイド・魚谷侑未の進化が止まらない【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

岡田の手からが放たれて、魚谷が9600のアガリ。
岡田も自身が暗刻のため、一刻も早く処理したいだっただろうが、雀頭がないため重ねるためにここまで引っ張っていたのだ。

岡田にとっては手痛い放銃となってしまったが、自身もが良いと思って重ねようと狙っていただけに、納得の表情に見えた。

強い人は良いところで待っているものだ。

魚谷のアガリも見事だったが、岡田の残しも意思があって見ごたえのある1局だったと思う。

オーラス

寿人を7400点差で追いかける魚谷。寿人は親なので1300/2600を狙ってホンイツへ向かう。

トップ目寿人から親リーチが入るも・・・

すぐに寿人から直撃。見事な逆転でトップを飾った。

逆転でのトップにインタビューでも笑みがこぼれる。しかし、

「今日の試合でうまく打てたなという局はありますか?」
という質問には意外な答えが返ってきた。魚谷が挙げたのはこの局だ。

南1局3本場

まずは寿人が先制リーチ。一見ガラクタリーチに見えるが、一度ペン待ちを崩し、他3者が使いにくそうなを狙ってのリーチだ。

リーチを受けた魚谷

ホンイツのイーシャンテンで一発で掴んだをプッシュ!

その後もと無筋を押して勝負。さらに当たり牌のも切って放銃。

このが裏ドラとなってマンガンの放銃になってしまった。

一見するとただ突っ張って放銃しただけの局に見えるが、魚谷は

「去年との違いをちゃんと出せている」

と充実した表情で語った。

打点を追うとどうしても手数が少なくなってアガリ回数が減ってしまう。
その分、この局のように打点がみえる手なら後手を踏んでもしっかり押し返していかなければいけないということだろう。我々視聴者からすると、どうしても「放銃=悪」というふうに考えてしまうが、実際はそうではない。リターンのある手なら、結果放銃になってしまっても、押すべき牌は押さなければならないのだ。

これからは昨シーズンとは一味違った魚谷侑未の“押し返し“も見られるはずだ。

2戦目を終えてのチームランキングはこちら。1日を通して大きなポイント変動はなく、下位チームにとっては当てが外れた格好だ。魚谷は今日のトップで個人スコアをプラス281.7ポイントに伸ばし、昨シーズンのマイナスをすべて返済。連続連対試合数を「9」に伸ばした。
チームとしても、2月11日以来の400ポイント越えで、これはもうセミファイナル進出決定と言っていいだろう。

しかし、魚谷、そしてフェニックスのリベンジはまだ終わってはいない。

「優勝」

その2文字を掴み取るまで、進化するマーメイド魚谷侑未が不死鳥のごとく天高く舞い続ける。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!