“終盤勝負のマーメイド”魚谷侑未は、石橋渾身の仕掛けを打ち破れるのか!?【熱論!Mリーグ/FS初日】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【FS初日】

“終盤勝負のマーメイド”

魚谷侑未は、石橋渾身の

仕掛けを打ち破れるのか!?

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年6月15日

 

止まっていた時計が今、動き出す。

2019Mリーグファイナルシリーズ初日。

卓の奥で光る盾を手にするのは、いったいどのチームだろうか。

2戦目

東家 白鳥翔(渋谷ABEMAS)

南家 魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

西家 石橋伸洋(U-NEXT Pirates)

北家 内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)

実況 小林未沙

解説 萩原聖人

東1局は、

分岐を上手くクリアした石橋が、リーチツモピンフ赤ドラ、2000-4000のツモアガリ。

東2局に移って、

親番は魚谷。

魚谷の手は、

6巡目で、この形まで来ていた。ここは打としてソウズのリャンメンを固定し、ドラを使える可能性を追う。

次巡、

を引いて打。場に良く映るカンの受けを残して、目一杯に。

『ポン』

!!??

石橋のドラポンだ!

河に並べたのはだった。

この仕掛けを受けた魚谷が持ってきたのは、

…。を切ればリャンメンが2つの手広いイーシャンテンになる。だが、打ちたいは下家の石橋に通ってはいない。どうする。

魚谷は、

を打ち抜いていった。

まだ石橋は1副露。放銃する可能性は低いだろう。親番であるここは魚谷、自身のアガリの可能性を追っていった。

しかし、次の手番で石橋は、

を手出ししてきた。赤が要らないということは、石橋の手は煮つまっているとも考えられる。

次巡の魚谷、

を安全牌のと入れ替え。

魚谷の次のツモは、

だった。下家の石橋に通っていない。

魚谷は、

闘志に満ち溢れたこの表情で、

を切り飛ばした。のカンチャンや、のシャンポンも石橋の受けとしては考えられる。が、まだここは勝負だ。

次に魚谷が持ってきたのは、

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!