【麻雀初心者講座第3回】ラスを回避しよう【文・咲乃もこ】

こんにちは!
お酒とカレーとゲームが大好きな咲乃もこです(⑅•ᴗ•⑅)


いらすと:ペンペンさん

前回は、早くテンパイするために覚えておくと良い、
完全イーシャンテンやリャンメンカンチャン等のお話をさせていただきました!

〈前回記事はこちら〉

まだ見てない人は、ぜひ見てみてね♪

さて、突然ですが……
皆さんはネット麻雀をしますか?

私はネット麻雀が大好きで、一日何時間も打ってしまうよ♪

そんなネット麻雀の「段位戦」…。
段位戦に共通しているのは、「ラス回避」の意識!⸜( •⌄• )⸝

例えば、私が今いる雀魂の雀聖3になると、
一度4位をとってしまうと1位を2回をとらないとポイントがもどらないの…( ᵕ_ᵕ̩̩ )

対して3位はおおよそ+-0なので、
3位と4位では雲泥の差!!

ネット麻雀で段位をあげるうえで、
「4位をとらないこと」はとっても重要になってくるよ(`・ω・´)

そこで!!

今日は、点数状況に応じた4位をとらないための押し引き判断のお話を
実践の牌譜とともにお話をしていきます

はじまりはじまり~

同じ点数の場合どうなるの?

まず前提として知っておかないといけないのは、
オーラス同じ点数の場合誰が勝つのか、ということ。

同率で同じ順位にするルール等もあるみたいだけど、
起家を1番とし、起家に近い順で順位をつけるのが一般的!
天鳳も雀魂もこれを採用しているよ♪

起家(ちーちゃ)とは、一番はじめに親をした人のこと。
つまり、東1局で親番だった人だよ!

もし全員が同じ点数だった場合、
東1局の時点の席が

東家の人:1位
南家の人:2位
西家の人:3位
北家の人:4位

となるよ♪
つまりオーラス親の人が席順では一番不利ということ( ᵕ_ᵕ̩̩ )
同点の場合勝つのか負けるのかはとても重要な要素になるので、
覚えておこうね!!

1000点は大事!そのリーチ、しても大丈夫?

オーラス北家、4位と1000点差。
上家からリーチが入ったところにテンパイ。

テンパイした!リーチしたいいいいいい!!!!( ✧Д✧)
という気持ちもよくわかるけど、オーラスはいったんよく考えよう!

リーチするには1000点を場に支払わなくてはいけないよね…!

この状況で1000点を払ってしまうと、
4位の人と同点になってしまうどころか、席順で4位になってしまうよ( ᵕ_ᵕ̩̩ )

☞リーチした場合
上家がツモった時4位になる(これがとても重要)
・上家への危険牌も切ってしまうため自分の放銃率があがる
・あがれてもほぼ1位になれない

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!