負の連鎖を平然と断ち切る! 小林剛、執念の形式聴牌【Mリーグ2020観戦記10/13】担当記者:危険な鬼太郎

自然とを外してホンイツコースへと歩みを進める。イッツーまで絡めれば12000にまで化ける手になる。

普段から1500や2900の手牌でも仕掛けている小林にワザワザ字牌を絞るのには、無理がある。例えば雷電の萩原が仕掛けたらこの字牌は絞られそうだが、小林の仕掛けのレンジは広い。

この手も最初はたったの1500点の仕掛けだった。それを12000が見える手まで仕上げたのだ。

小林がポン

5800の待ち聴牌だ。小林の仕掛けだけを見ればホンイツに見えるが、捨て牌を観てほしい。最初の方に字牌を捨てていてまったくホンイツには見えない。

これは必然だ。最初の方は小林は1500点でも良しとして仕掛けたからだ。

これに瀬戸熊のリーチ宣言牌が捕まる。

 

仕掛けが得意な小林らしい巧みな5800のアガリ。しかし、小林の真価はここからだ。小林のような鳴きが巧みなタイプは点棒をたくさん持った時の方が、良さが見えやすい。

南2局1本場

小林が3巡目に切られた瀬戸熊のをスルーする。

東1局だったらまず間違いなくポンテンを取るだろうが、今は状況が変わった。1500をアガった所で2着目の瀬戸熊を大きく突き放せないのだ。

ここはメンゼンでを引いてのシャンポンリーチのの出アガリを狙って行きたい。3巡目のの1500聴牌よりも、2段目のリーチのみの方が価値がある展開となったのだ。

もし仮にこれが2900の聴牌だったのならば小林はポンテンに取っただろう。1500と2900では価値が違うし、何よりこのMリーグには赤ドラがある。道中で黒と変えれば5800という高打点に変化するからだ。

小林は鳴きとメンゼンの両方を睨みながら手組をして、

11巡目のこのリーチ。違いはもう一目瞭然。3巡目の1500のよりもこのの方が断然いい。一発や裏ドラで化ける手に変わる可能性があるからだ。

麻雀は鳴きも強いがリーチも強い。当然強者はそれに気づいている。

小林はこの待ちをツモって1000は1100オールのアガリをして、オーラスには、

タンヤオピンフドラ赤というド派手な手を自ら仕上げ、パイレーツに初トップを持ち帰った。

まだ微差で最下位だが、パイレーツは前年度の覇者。絶対にここから盛り上がってくるだろうし、パイレーツの他の4者は全員ラスを引いているものの小林に負けず劣らずの内容を見せてくれている。

きっと小林のように笑顔でインタビューを受けて盛り上げてくれることは間違いないだろう。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!