小林剛、待望の初勝利!! 瀬戸熊・岡田に競り勝ってパイレーツ凱旋!!

小林剛、

待望の初勝利!!

瀬戸熊・岡田に競り勝って

パイレーツ凱旋!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕6日目、第2戦は小林が(U−NEXT Pirates)が、トップを獲得。東場の親番でマンガンをアガった小林が、トップの瀬戸熊を猛追。南場に入って岡田も入り混じっての3者が拮抗する混戦に。オーラス僅差のトップ目だった小林が、瀬戸熊からヤミテンマンガンを直撃して試合終了。パイレーツに待望の1勝を持ち帰った。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして小林の4名。

北家の瀬戸熊がドラ単騎のチートイツをリーチ・ツモ。3000・6000で闘いの幕が開ける。

東2局、ファーストテンパイは勝又。イーペーコー・ドラ1をヤミテンに構える。ネクストテンパイは瀬戸熊。役無しのカンチャン待ちをこちらもヤミテン。そして3番手の小林が親でリーチ。赤1の待ち。これにテンパイを維持した勝又が一発放銃。ウラドラが1枚乗って12000。小林が瀬戸熊を追う。

東4局の瀬戸熊の親番で、小林がツモのみをアガって300・500。わずかに瀬戸熊をかわしてトップに立つ。

しかし南1局、瀬戸熊と小林のリーチ合戦は瀬戸熊に軍配が上がる。リーチのみだが直撃とリーチ棒でやや瀬戸熊がリードする。

南2局、小林の親番。3フーロの小林が瀬戸熊のリーチ宣言牌を捉えてホンイツの5800。この直撃で再び小林がトップに立つ。

同1本場、11巡目に小林が待ちでリーチ。瀬戸熊が自風のドラアンコ・赤1の待ちテンパイ。ツモアガったのは… 小林。1000オールでじわじわとリードを広げる。

同2本場、小林がタンヤオの食い仕掛けでドラ1・赤1のテンパイ、待ち。そこへ岡田がリーチ・ピンフ・ドラ1の待ち。ここは岡田がツモアガって1300・2600。岡田が瀬戸熊をかわして2位に浮上。

南3局、ラス目の勝又の落とせない親番。瀬戸熊の先制リーチを受けて、勝又はカン待ちで追いかけるが瀬戸熊の当たり牌を掴んでしまい、無念の親落ち。

オーラスは小林・瀬戸熊・岡田の3者が3万点台のトップ争い。

勝又が素点回復を目指してリーチをかけるが、瀬戸熊が小林のタンヤオピンフ・ドラ1・赤1にテンパイから放銃して8000点。

小林が自身1勝目、パイレーツにとっても待望の初勝利を持ち帰った。

小林はインタビューで、

「(初トップ)みなさんお待たせしました。(王者のプレッシャーは)僕にはなかったですけと、他のみんなにはあったかもしれないですね。無神経なもので(笑)。合計ポイントはまだ▲120くらいですので、心配しないでいただきたいと思います。これでチームメイト3人もプレッシャーがかからずに打てると思いますので、今後の闘いに期待してください」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 4万7600点/+67.6
2着 岡田紗佳サクラナイツ 3万600点/+10.6
3着 瀬戸熊直樹・雷電 2万2900点/▲17.1
4着 勝又健志・風林火山 ▲1100点/▲61.1

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +170.9(6/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +159.6(6/90)
3位 EX風林火山 +43.9(6/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲2.5(6/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲43.7(6/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲102.8(6/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.8(6/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲116.6(6/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsPirates vs雷電」

「大和証券 Mリーグ2020」
10月13日の対戦は
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsPirates vs雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!