堀慎吾、Mリーグ初勝利!! チーム3勝を上げてドリブンズを猛追!!

堀慎吾、

Mリーグ初勝利!!

チーム3勝を上げて、

ドリブンズを猛追!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕6日目、第1戦は堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)が、Mリーグ2戦目にして初トップを獲得。堀は東場の親でハネマンをツモってトップに立つと、要所で2番手の勝又を阻み、危なげなくトップでゴールイン。チーム3勝目獲得で首位ドリブンズに迫る。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志、U−NEXT Pirates・瑞原明奈TEAM雷電黒沢咲、そして堀の4名。

先制したのは南家・勝又。赤1のリーチ・チートイツを筋を追った黒沢から討ち取って6400。

東3局1本場、親の堀慎吾が5巡目にタンヤオピンフ・ドラ1・赤1・高めサンショクのダマハネマンをテンパイし、4巡後に高めをツモアガリ。6000オールで堀が大きくリードする。

東4局は親の瑞原が9巡目に先制リーチ。しかし勝又がをポンしてドラ1・赤2で立ち向かい、瑞原から討ち取って8000点。勝又が堀を追う展開。

南1局、親の黒沢がポンから3フーロでホンイツ・赤1の4000オールをツモって3番手に。

南2局は、親の勝又がドラのをポンしてテンパイ、そこへ瑞原がアンコのリーチで斬り込む。しかし、アガったのはなんと堀。勝又の下家でタンヤオ仕掛け。タンヤオ・赤3の手を手詰まった黒沢から討ち取って、点棒を伸ばす。

南3局の堀の親番、6巡目にピンフ・ドラ1・赤1の先制リーチをかけてツモアガリ。さらに4000オールを加点する。

オーラス2本場、粘る瑞原が8巡目にドラののシャンポン待ちでリーチ。さらに連荘を狙うが、黒沢がタンヤオピンフ・赤1の3900を勝又からアガって3着をキープして試合終了。

堀がMリーグ初勝利を飾った。

堀はインタビューで、

「今まで経験したことのないくらい多くの人に観られてるっていう意識を持ってやっています。僕はどちらかというと好き勝手やるタイプなんですけど、チーム戦を意識して遠慮してしまうのも自分じゃなくなってしまうので、これからも自分らしく自然体で臨んでます」

と語った。
【Result】
1着 堀慎吾・サクラナイツ 5万1200点/+71.2
2着 勝又健志・風林火山 2万4900点/+4.9
3着 黒沢咲・雷電 1万6900点/▲23.1
4着 瑞原明奈・パイレーツ 7000点/▲53.0

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +170.9(6/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +149.0(5/90)
3位 EX風林火山 +105.0(5/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲2.5(6/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲43.7(6/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲85.7(5/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.8(6/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲184.2(5/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsPirates vs雷電」

「大和証券 Mリーグ2020」
10月13日の対戦は
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsPirates vs雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!