丸山奏子、ドリブンズの窮地を救う価値ある1勝!! 丸山は個人2連勝!!

丸山奏子、

ドリブンズの窮地を救う

価値ある1勝!!

丸山は個人2連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕17日目、第1戦は丸山奏子赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。東2局で瑞原からマンガンを討ち取った丸山が終始リード。ラス前で瑞原が100点差にまで詰め寄る猛チャージをみせるが、丸山が逃げ切って個人2連勝。ドリブンズに久々の勝利をもたらした。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして丸山の4名。

流局でむかえた東2局1本場、南家・瑞原が4巡目にドラ1・赤1のカン【8マン】待ちでリーチをかけると、北家の丸山がドラの【5ピン】をアンコにし、12巡目に【4ソウ】【7ソウ】待ちでテンパイして追いかけリーチをかける。そして瑞原が【7ソウ】を一発で掴んで8000点。丸山が待望のリードを奪う。

東3局1本場、丸山が4巡目に【東】を鳴いてテンパイ。【6マン】【9マン】待ちの【9マン】を内川から仕留めて、ドラ1・赤1の3900点を加点。

東4局は7巡目に瑞原がリーチをかけて、ツモアガリ。ピンフタンヤオ・赤1の2000・4000で、丸山を追撃する1番手に名乗りを上げる。

南3局は瑞原と佐々木の2人テンパイで、トップ目丸山との差が詰まり、その差は100点に。

同1本場は丸山が瑞原から【南】のみの1300点を直撃し、丸山が逃げに入る。

丸山リード、2番手瑞原のままオーラスへ突入、その差は3300点。

丸山は配牌でトイツであった【發】を2枚ともスルー。西家の内川が【5マン】をアンカンしてリーチをかける。ラス目の内川はマンガンをツモれば、佐々木をかわして3着に浮上できる。リーチの時点で牌山に【5ピン】【8ピン】は5枚残っていたが、すべて他家の手に吸収されてしまい内川の1人テンパイで流局、試合終了となった。

丸山が個人2連勝で、久しくトップがなかったドリブンズにトップを持ち帰った。

丸山はインタビューで、

「ずっと4着続きで10月が苦しくて、(チーム内で)ホント勝ちたいねって言ってたところでの登板で、願ってトップを取れることってなかなかないんですけど、ホントに今日はトップを取りたかったのですごくうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 丸山奏子・ドリブンズ 3万5600点/+55.6
2着 瑞原明奈・パイレーツ 3万1300点/+11.3
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 1万9500点/▲20.5
4着 内川幸太郎・ 1万3600点/▲46.4

【Total】
1位 EX風林火山 +359.1(16/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +22.1(17/90)
3位 セガサミーフェニックス +18.5(16/90)
4位 U-NEXT Pirates +14.4(17/90)
5位 渋谷ABEMAS +11.2(16/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲75.5(17/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲95.4(16/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲254.4(17/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月1日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!