貪欲に攻めた2回のアガリ! ABEMAS・松本吉弘の比類なき切れ味 【Mリーグ2021観戦記12/7】担当記者:ZERO

貪欲に攻めた2回のアガリ!

ABEMAS・松本吉弘

比類なき切れ味

文・ZERO【火曜担当ライター】2021年12月7日

Mリーグを観戦しながら飲むホットココアに幸せを感じる季節になった。

レギュラーシーズン90試合中37試合目。登山で言うと4合目くらいなるだろうか。

明暗が分かれつつある中盤戦に、各チーム旬の打ち手が集結した。

個人ランキング3位、そして前日が誕生日という滝沢に対し、他の3名は前回のトップ者である。今夜もバチバチの殴り合いが期待できるのではなかろうか。

電光石火の倍満

まだホットココアが冷めぬ中「それ」は起こった。

まずは北家・松本の配牌を見て欲しい。↓

ドラ【8ソウ】と赤があるものの、まとまりづらそうな配牌だが、これが数巡後に

見違えるような進化を遂げる。

そして今ツモってきた【5ピン】で何を切るかだが、普通は【4マン】を切る場面ではなかろうか。

【5ピン】【8ソウ】のポンでマンガンのテンパイを入れられるのは偉いし、【4マン】を先に切っておくことで将来的なペン【7マン】待ちへの布石にもなる。

しかし、松本が選んだのは…


【5ピン】ツモ切りだった。

ど真ん中の【5ピン】とドラの【8ソウ】は出現率の低い牌だし、ペン【7マン】は場況が良いとはいえ(全員がマンズ上を切っている)ペンチャンであることに変わりはない。

1・2枚切られたところで途端に苦しくなってしまう。

それならばと【4マン】にリャンメン変化の余地を残したのだ。

この時、松本は対面の黒沢の捨て牌に速度感を感じていたという。

(ターツ落としが複数入っている)

だから


ここらへんで【4マン】を先に処理しておくべきか? という誘惑に駆られる。

しかし松本は強く【東】を切った。不確定な情報よりも、自分の手牌を最大限広げたのだ。

この選択にツモが応える。


意思を持って残した【4マン】【3マン】がくっつく! さらに次巡…


【2マン】をツモってテンパイ!

そしてマンガン確定のこのテンパイを淀みなく…


本当に淀みなくリーチに踏み込んだのだ!

【4マン】を残したことによりオリに回らされたり、放銃するケースだってあるかもしれない。

でもその分はリーチによる打点上昇でカバーできる。

リャンメンなら…


一発ツモにも十分期待できる!

これが【4マン】残しの真骨頂!


リーチ・一発・ツモ・【發】・ドラドラ・赤・裏の40008000だ!

【5ピン】を切って【4マン】を残し、さらに淀みなくリーチを打つ。

手牌を最大限伸ばしきった松本が、まずはこの半荘の主導権を握ったのだった。

黒沢の憂鬱

黒沢の表情は曇っていた。


(おかしいわ… この雀荘)
(だって)


(ずっとドラも赤もこないんですもの)
黒沢はここから【6ソウ】を切った。
そして数巡後

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!