雷電に襲いかかる試練 瀬戸熊直樹の右手はチームに勝利をもたらすことができるのか【Mリーグ2021観戦記12/7】担当記者:江嵜晋之介

門前の場合は好形テンパイを重視する伊達ではあるが、ここは打点・仕掛けやすさのバランスが取れた好判断を見せる。
そして9巡目にカン【3ピン】でテンパイ。ヤミテンに構える。


親の瀬戸熊は7巡目にこの形。【白】を切って目一杯に構える。


するとその【白】を多井がポン

役牌を抱えす守備的な進行していた多井だが、前順ドラの【6ソウ】が重なったことで方向転換。3,900点の好形イーシャンテンにとる。

カンチャンテンパイの伊達、好形イーシャンテンの多井。
子同士のアガり合いで決着がつくかに思われたが、10巡目に瀬戸熊が割って入る。

【8マン】を引いての両面リーチ。欲を言えば【東】を引きたかったが贅沢は言ってられない。ドラの【6ソウ】をツモることができれば文句なしの満貫だ。

同巡、【1ソウ】【4ソウ】待ちのテンパイを入れた多井が【2ソウ】を勝負する。

【白】を一鳴きしている多井が親リーチの一発目に無筋を勝負してきた。ほぼ間違いなくテンパイに見えるだろう。
そんな多井の押しを見て、カンチャンテンパイの伊達は早々に撤退。


その後【3ソウ】を掴んだ多井がシャンポンの【3ソウ】【6ソウ】待ちに変化。
(毎回のことのようだが当たり前のように当たり牌を止める多井)


多井vs瀬戸熊の一騎討ちとなった。
結果は…。


瀬戸熊が【6ソウ】をツモ!
見事4,000オールを成就させる。


渾身のツモ上がりに、いつもより発声・所作に力が入っているように見えた。
親の倍満でスタートした2回戦。瀬戸熊はトップ目まで9,600点差まで詰め寄る。ここから雷電の反撃が始まる…!

…かのように思われたが、1回戦と同様にまたしても雷電にとって辛い展開が続いた。

東3局1本場では、先制リーチをかけた朝倉に対して、ワンチャンスの【1ピン】を対子落とししようとした瀬戸熊が5,200は5,500点を放銃。

東4局は瀬戸熊と親の伊達のアガり競争になるが、伊達に軍配が上がり2,000オールを決められる。

南場に入ってからは多井・伊達のツモアガりが決まり、さらにトップ目の朝倉がラス目の多井に満貫を放銃したことで、受けに回り続けていた瀬戸熊がラスになってしまう。

そしてそのまま終局。
朝倉1着、伊達2着、多井3着、瀬戸熊4着の並びで終了。


序盤は攻め立てたものの、後半は手が入らずまたしても痛恨のラス。雷電の負債は本日だけで100弱増えたことになる。
苦しい展開が続く雷電。浮上するきっかけがほしいものの、なかなか手に入れることができない。


レギュラーシーズンもまだ前半戦。ここからの巻き返し次第ではファイナル進出もまだ充分に狙うことができるが、応援してくれているファンのために一刻も早く最下位を脱出したいところだ。

TEAM雷電がレギュラーシーズンを今後どう戦うのか、注目が集まっている。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!