ガチガチガードとゴリゴリミート!ギザギザハートの松本吉弘に私たちの心はメロメロショート!【Mリーグ2020観戦記1/7】担当記者:ゆうせー

ガチガチガードと

ゴリゴリミート!

ギザギザハートの松本吉弘に

私たちの心は

メロメロショート!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年1月7日

1試合目

東家 和久津晶(セガサミーフェニックス)

南家 沢崎誠(KADOKAWAサクラナイツ)

西家 松本吉弘(渋谷ABEMAS)

北家 朝倉康心(U-NEXT Pirates)

実況 松嶋桃 解説 土田浩翔

佇まいにも余裕が漂う。目下の充実ぶりを感じさせる松本の入場だ。

東1局、その松本は、

対面和久津の親リーチを受けながらも、最終手番でチートイツのテンパイを入れ、1500点のテンパイ料を得る。

続く東1局1本場では、

ピンフ赤赤ドラの闇討ちに成功。朝倉から8300のアガリを決める。

さらに東2局

怖い親番、沢崎の追っかけリーチ宣言牌を、

「ロン」

先制リーチを入れていた松本がとらえる。

松本の手牌に視線を送る沢崎。

リーチ裏、2600点をさらに加算。松本はスタートダッシュに成功する。

ここから特筆すべきなのは、半荘中盤戦での松本のガードだ。

まずは東4局

早々に場風のを鳴いていた沢崎が、9巡目に自風のもポン。

これを受けて松本、のフリテン三面張待ちの手をダマテンに構える。

次巡、

上家の沢崎に通っていないを持ってくる。どうする…

ここは打っていった!上家沢崎の河を見ると、まだ数字の3~7といった濃いところは切り出されていない。沢崎がノーテンの可能性も十分にあるため、自身のアガリ目を残した形だ。

次巡、沢崎は、

を打ち出してくる。

次に松本がツモったのは、

だった。

場を見つめて、松本は、

!テンパイを崩した!

自分の待ちがフリテンであること。沢崎の仕掛けは役牌の2副露で、打点や速度の面から警戒が必要なこと。そして、なにより自分は今リードをしていて有利な立ち位置にいること。これらを考慮して、迂回する選択を取ったのだった。

3巡後、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!