堀慎吾だけが成し得たテンパイ形 いつか還る、その人を待って【須田良規のMリーグ2021-22セレクト・4月18日】

堀慎吾だけが
成し得たテンパイ形
いつか還る、
その人を待って

【須田良規のMリーグ2021-22セレクト・4月18日】文・須田良規

KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠選手が「原発性骨髄線維症」の治療のため、長期で戦線を外れることになった。
ご本人は周囲に心配を与えぬよう、気丈に振る舞っておられると思うが、厳しい疾患である。
一刻も早い復帰を、と軽々しくはとても言えない。
どうか、お身体を大切に。
そしていつものように暖かい目で、3人のチームメイトたちの活躍を見守ってあげてください。

4月18日(月)の第2試合堀慎吾は残ったチームの支柱として、このファイナルの大舞台に登板した。
結果から言えば、このゲーム堀は初戦2着だった岡田紗佳のポイントに大きく上乗せする形でトップをもぎ取り、
チームを首位に導く。

しかしその道中のアガリが、やはり堀にしかできない、独自の選択だったことに注目したい。

開局早々、東家のKONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりから【4ソウ】【7ソウ】待ちのメンピン赤ドラリーチが入った。

この瞬間山に6枚残りの親満リーチである。
高宮の先制加点は固い、そう誰もが想像しただろう。

それを受けての堀は、11巡目にこの形になっていた。

まずオリる手ではない。真っ直ぐに親リーチに立ち向かうべき牌姿だ。
ただこの手牌、多くの人が【9ピン】を切るのではないだろうか?

しかし堀が選んだのは──、打【5ピン】だったのである。

確かに【9ピン】は通っていないし、一見親リーチの中スジを追ったのかと見える【5ピン】だ。
堀らしくもない、消極的な一打かと。そう思った次巡、
堀がツモった牌は【8ピン】

【5マン】で現張りのマンガンテンパイを果たしたのである。

そしてほどなく高宮は【4ピン】を掴んでしまい、親満以上必至と思われた開局は、堀の返り討ちに遭ってしまった。

結果だけ見ればあっさりと堀がただ手牌に恵まれてアガッたような印象を受けるかもしれない。

しかし、このマンガン。アガれる人はそんなにいるものだろうか?

もう一度全体図を見よう。

【7ピン】3枚見えで安全牌の【8ピン】を誰も打たないので、山生きの感触はあります。
【5ピン】【6ピン】くっついてのピンフ赤赤は、現張りでも打点上曲げざるを得ないので、
そこは【9ピン】シャンポンになっても大差ないかなと。
よって【3ピン】【6ピン】引きには目をつぶって、【4ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】引いたときに優位と判断して【5ピン】切りにしました」

つまり堀の望んだパターンは以下のこれ。
【4マン】【赤5マン】【6マン】【赤5ピン】【6ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】
【4マン】【赤5マン】【6マン】【4ピン】【赤5ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】
【4マン】【赤5マン】【6マン】【赤5ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】
【4マン】【赤5マン】【6マン】【赤5ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【8ピン】【9ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】
【4マン】【赤5マン】【6マン】【赤5ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【9ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】

【9ピン】を切っている場合だと、

【4マン】【赤5マン】【6マン】【3ピン】【赤5ピン】【5ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】
【4マン】【赤5マン】【6マン】【4ピン】【赤5ピン】【5ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】
【4マン】【赤5マン】【6マン】【赤5ピン】【5ピン】【6ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】
【4マン】【赤5マン】【6マン】【赤5ピン】【5ピン】【6ピン】【7ピン】【7ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【7ソウ】【7ソウ】

作れるのはこんなところか。しかし【8ピン】が強いために、上のテンパイ形を逃したくなかったと。

そして見事に【8ピン】引きのテンパイをとらえ、高宮の【4ピン】が間に合った。
高宮が掴んだとき、実際高宮の待ちである【4ソウ】はまだ4枚残りであったし、
堀がこの最速のアガリを逃していたら、この局の結果は逆転していた可能性が高い。

高宮の不運だけで──、
単純に片づけられるようなシーンではなかったように思う。

そして、東3局2本場でも、目立たないがやはり堀らしい選択の一打があった。

東家・堀は【發】をアンコにしてこの形。

これも多くの人が【2ソウ】を切ってイーシャンテンに構えそうなところで──、

【8マン】を切っての、リャンシャンテン戻しである。

全体図はこう。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!