【 #神域リーグ 第4節観戦記】第11試合 ルイス・キャミ―vs天開司vs郡道美玲vs渋谷ハジメ【文 #縦鳥千波 】

第11試合 ルイス・キャミ―vs天開司vs郡道美玲vs渋谷ハジメ

神域Streamerリーグ4日目。
1試合目ではチームゼウス・鈴木たろう選手が、Sランクの力をみせ大きなトップをとった。

2試合目ではBランクとCランクの選手のみが出場。BランクやCランクの選手は出場数が多く、伸びしろも大きいため、神域リーグ優勝の鍵を握る選手たちだ。
チームポイント状況と同じように個人成績も上下ではっきり分かれているメンバーの対決。

現在好調なのはチームヘラクレス・渋谷ハジメ選手チームアトラス・ルイス・キャミ―選手。特に渋谷選手は現在2連勝中と波にのっている。
一方、チームゼウス・天開司選手チームアキレス・郡道美玲選手は、そこまで大きくはないがトータルマイナスの成績。トップをとってマイナスを抜け出すことはできるのか。

【東1局から親の倍満24000点が炸裂】

ドラドラ持っている形でイーシャンテンにとれる渋谷選手。

【1ピン】でリャンシャンテンに戻して、タンヤオの仕掛けをみた。【2ピン】のくっつきが弱く、【6ソウ】のくっつきも【4ソウ】を切ってしまっていて弱いという部分が大きかったのだろう。

東発、先制テンパイをいれたのは親のルイス選手!
ドラ3あって打点十分だ。

タンヤオドラドラからのテンパイをいれた渋谷選手が【4ピン】をつかむ。
テンパイ続行するも、放銃となってしまう。

なんと、裏が3枚のり倍満に! 渋谷選手はいきなり持ち点がわずか1000点となってしまう。
SteamでGetting Over Itを買えば無くなってしまうくらいの点数しか残らなかった。

【 渋谷ハジメ 0点から巻き返し】

持ち点が1000点しかない渋谷選手が先制テンパイ。
郡道選手にもドラをポンする仕掛けがはいる。

好形変化を待つ手もあるが、しっかり、リーチで持ち点0点に!
リーチによる打点上昇が大きく、少ない好形変化を待つより【7ピン】を自模ってしまったほうが早いだろう。

郡道選手も【發】が鳴けて同じ【7ピン】待ちでテンパイ。

自模ったのは渋谷選手だった。なんと裏ドラを2枚のせて跳満に!裏3に続き裏2のあがりがでる。現在個人首位はただでは終わらない。

【東4局 攻撃の手をゆるめないルイス・キャミ―】

ドラ【1ピン】を暗刻で持つルイス選手。七対子のイーシャンテンに、あるいはトイトイ【東】をポンするルートもみたい。何を切るか。

ルイス選手の選択はトイトイも七対子も見切る打【8ピン】! 七対子を見切る選択では一番受け入れが広くなる。テンパイまでならポンのできる面子手のほうが早そうだ。
また、5ブロックに構えられることで、1枚安牌を持つこともできるいい選択だ。

すぐに役牌バックでテンパイ! タンヤオの仕掛けにもみえるため、役牌バックは読めないだろう。

そのまま満貫のアガリ!
試合終了後、解説の河野プロがルイス選手について川柳を詠んだ。

東1局で24000をアガってなおも、この後53500点まで加点をつづけたルイス選手。
トップ濃厚に思えたが、ここからなんと24000を放銃した側の渋谷選手の反撃が始まる。

【南1局 反撃の始まり】

ルイス選手が大きく上に抜けた点数状況。この下家から2枚目の【中】がでたが、鳴くと雀頭が無くなってしまう。また、【中】を雀頭にした三色もみえる手だがどうするか。

ポンとした。【中】を鳴いたほうが仕掛けがきき、あがり率は高そうである。
この先、親番があり、偶然高い手が入ることもある。ラス目でも、普通に仕掛けてあがりにいくというのは大事なことだ。

先制テンパイをいれることに成功し、すぐにアガリに結びついた。
2000は2300点の加点で着順アップ。

【南2局 役牌をスルーする選択】

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!