【 #神域リーグ 第7節観戦記】第19試合 村上淳 vs 鴨神にゅう vs 松本吉弘 vs 咲乃もこ 【文 #縦鳥千波 】

第19試合 村上淳 vs 鴨神にゅう vs 松本吉弘 vs 咲乃もこ

「#神域リーグ」が二週間に一度Twitterトレンド1位になるのが恒例になりつつある。
そんな神域Streamerリーグの第7節が行われた。今節を含めて残りは合計4日間である。

現在のチームポイント状況は、前節でかなり上下の差が小さくなって、どこが優勝してもおかしくない状況だ。
直近の成績ではアキレスが好調で、反対にヘラクレスはここ数戦勝てていない。上位のチームは安定した成績で推移している。
神域リーグは1試合目の対戦カードが事前に公開される。今回の組み合わせは特に注目の組み合わせとなった。

東家スタート・村上淳(チームアトラス)
前節で苦手だったマウス操作ではなくタッチパネル操作で、初出場した監督が、引き続き登場。

 

南家スタート・鴨神にゅう(チームゼウス)
神域リーグではまだラスをとっていない選手は4人。なんとゼウスにはそのうち3人がいる。
鴨神選手はそんなこと気にしていないと思うが、4人の4位回避率争いにも注目だ。

 

西家スタート・松本吉弘(チームヘラクレス)
チームはここ最近勝てていないが、松本選手の初戦でみせた86200点のトップの印象が強く、いつでも、大トップでスコアを取り返してくれる期待を感じさせてくれる。

 

北家スタート・咲乃もこ(チームアキレス)
前日に魂天を集め神域リーグルール想定で、練習を行っており、気合十分。

今回はランクAとランクSの選手だけのハイレベルな組み合わせとなった。A以上の選手だけの試合は初で、注目の試合となった。

【村上淳の隠されたファインプレー】

東1局、西家・村上選手の第一打は【東】。今では当たり前の第一打【東】切りだが、ダブ【東】は絞るべきという考え方が昔は多かった。そんななか、徹底して、自分に必要のないときにダブ【東】を先に切っていたのが村上選手なのだ。

3巡目には七対子であっという間にテンパイしてリーチ。
対面の親の手をみるとさきほどまで1枚しかなかったダブ【東】が2枚ある。
鳴かれないうちに【東】を切ることに成功しているのだ。

リーチを受けた鴨神選手の手は安牌がない上に、河がとても七対子にはみえない。
【北】をきるしかなかった。

村上選手があっというまに七対子で満貫をアガった。
もし、リーチ宣言まで【東】をとっといていたら、松本選手にポンされ、一発がついていなかったかもしれない。

【鴨神選手にチャンス手が入るが?】

先ほどは放銃となってしまった鴨神選手には、大きなチャンス手が入る。
タンヤオ、平和、赤ドラ3枚に、3色やイーペーコーの可能性まである。

しばらくテンパイできず、12巡目で【3ソウ】をチーしてテンパイをいれた。
これでも満貫あり、さっそく東1局の失点を取り返せそうだ。

終盤、松本選手からリーチが入る。

さらには村上選手からもドラドラのリーチが入り、3人のめくりあいに。

一番待ちの多かった鴨神選手が【1マン】をつかんだ。
当然切って放銃になってしまった。
すごくいい手が入ったり、うまく打てたからこそ、失点することがあるというのも、麻雀の難しいところだ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!