滝沢和典、他家の希望を砕く6000オール!! 風林火山、同日2連勝で一気に上位陣に迫る!!

滝沢和典、

他家の希望を砕く6000オール!!

風林火山、同日2連勝で

一気に上位陣に迫る!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナル1日目、第2戦は滝沢和典EX風林火山)が、トップを獲得。南場の親番で高めタンヤオイーペーコーを一発ツモでハネマンに仕上げた滝沢が。そのままトップでゴールイン。風林火山が勝又・滝沢のリレーで2連勝を勝ち取った。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS白鳥翔、そして滝沢の4名。

開局は、西家の園田がタンヤオ・ドラ3・赤1のカン【3マン】待ちのヤミテンを、北家・白鳥から討ち取って8000点をゲット。どうしてもトップがほしい、ドリブンズの先制で試合が始まる。

東3局、ドラは【中】。園田が【9ソウ】ポン、カン【6ソウ】チーと仕掛けて一色手にむかう。しかしドラの【中】をアンコにした滝沢が、【西】を鳴いて【3マン】【6マン】待ちでテンパイ。そこにタンヤオ・赤1の【2ソウ】【5ソウ】待ちテンパイを入れた内川がリーチをかける。

しかし、内川が一発目をツモることなく滝沢が【6マン】をツモって決着。2000・4000のアガリで滝沢がトップに立つ。

滝沢は南2局1本場にも、ピンフ・高めタンヤオイーペーコーをリーチ、見事高めを一発ツモ。ウラを1枚乗せて6000オール。5万点オーバーで一気にダントツに。

同2本場は、白鳥がリーチ・ツモ・サンショク・ドラ1・赤1の3000・6000で2番手に浮上。

続く南3局、後がないドリブンズ・園田の親番。しかし先制テンパイは白鳥。ピンフ・赤1の【1マン】【4マン】待ちをヤミテンに構える。内川が【白】を暗カンしたのを期に、白鳥はリーチをかける。滝沢が白鳥の現物の【1ソウ】を切ったところ、内川が「ロン」を宣告。イーペーコー【白】・ドラ1の【1ソウ】単騎待ち。この8000点で内川が2番手に。

オーラスはラス親の白鳥が粘って2着目に返り咲くが、2本場で内川が園田から【白】・ドラ2の5200を討ち取り、ふたたび2着をまくって試合終了。

ファイナル初日を、風林火山が連勝で飾った。

滝沢はインタビューで、

「ドラがあれだけくると、そりゃあ楽にトップ取れますよねという感じです。僕はまったく信じてないんですけど、早い時間に優勝祈願で神社にお参りに連れて行かれたんですけど、なんかよかったかもしれないですね」

と語った。

▲試合を決定づけた6000オール

【Result】
1着 滝沢和典・風林火山 4万1900点/+59.3
2着 内川幸太郎サクラナイツ 3万300点/+10.3
3着 白鳥翔・ABEMAS 2万7100点/▲12.9
4着 園田賢・ドリブンズ 700点/▲59.3

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +199.3(2/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +170.2(2/12)
3位 EX風林火山 78.0(2/12)
4位 赤坂ドリブンズ ▲59.8(2/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ初日」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 ファイナルシリーズ」
5月10日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:佐々木寿人
解説:高宮まり
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!