勝又健志、一撃必殺の大逆転!! 下剋上に向けて、侵攻開始の大号令!!

勝又健志、

一撃必殺の大逆転!!

下剋上に向けて、

侵攻開始の大号令!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナル1日目、第1戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。開局にハネマンのツモアガリを決めた岡田が、終始リード。しかしオーラスの親番で、勝又が松本からハネマンを直撃して一気に逆転。松本を4位にして、チームは3位浮上という上々のスタートを切った。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ丸山奏子KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳渋谷ABEMAS松本吉弘、そして勝又の4名。

東1局、西家の岡田が自風の【西】を鳴いて強引とも思えるピンズ染めに向かう。これが功を奏して【5ピン】【3ピン】とポン、さらに【西】を加槓。すると新ドラ【9ピン】が2枚乗る。11巡目には【赤5ピン】を引き込み、カン【6ピン】待ちでテンパイして次巡にツモアガリ。3000・6000を決めて、岡田が好発進。

その後も岡田は場をリードして、迎えた東4局1本場。

9巡目、岡田が先制テンパイ。【2マン】切ってチートイツ【5ピン】単騎待ちでリーチ。親の勝又は、宣言牌の【2マン】をチーしてタンヤオのイーシャンテン。次巡、勝又から【5ピン】がこぼれて3200点のアガリ。

南3局、北家の丸山がピンフタンヤオ・ドラ1・赤2のハネマンをツモ和了りするも、オーラスにマンガンツモでは逆転には及ばない点差。

オーラス、親の勝又にドラの【北】が雀頭のピンフ赤1のテンパイが入る。【3ピン】【6ピン】【9ピン】待ちの即リーチ。18巡目、最後のツモ番でテンパイを入れた松本が、長考の末に【9ピン】を打ち出す。ウラが1枚乗って18000。このアガリで勝又は岡田を一気にまくり、700点差でトップ目に立つ。

オーラス1本場、再逆転を狙う岡田がピンフイーペーコー・ドラ1のヤミテンを入れるが、松本のタンヤオ・赤2の喰い仕掛けに捕まって試合終了。松本が3900は4200点を回復し、サクラナイツのトップを阻止することで意地を見せた。

勝又はインタビューで、

「ほんとに手牌に恵まれたというところで…。めちゃくちゃ痛い【5ピン】放銃してしまったんで、まずいなと思ってたんですけど、(逆転できて)よかったです。(ファイナル)12戦6トップを取れば最終戦に優勝争いができるかなと思っているので、そこを目標にしてやっていけばいいかなと思ってます」

と語った。

▲逆転を成し遂げた会心の18000!

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 3万7500点/+57.5
2着 岡田紗佳サクラナイツ 3万2600点/+12.6
3着 丸山奏子・ドリブンズ 2万6200点/▲13.8
4着 松本吉弘・ABEMAS 3700点/▲56.3

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +212.2(1/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +159.9(1/12)
3位 EX風林火山 16.1(1/12)
4位 赤坂ドリブンズ ▲0.5(1/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ初日」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 ファイナルシリーズ」
5月10日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:佐々木寿人
解説:高宮まり
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!