【西原理恵子 & 山崎一夫】勝てるギャンブルと勝てないギャンブル。

勝てるギャンブルと
勝てないギャンブル

ギャンブルは上手くなれば勝てる、というのは幻想。
構造的に勝てない物のほうが圧倒的に多いからです。

最近カジノ法案が日本でも認められましたが、統合リゾートの一部にカジノもあるという位置づけで、違法性が阻却されるとの建前。カジノ全体に詳しいワケではありませんが、上手くなること自体が無理な種目だらけです。

たとえばルーレット。
若い頃にフランスの山岳リゾートのシャモニーで惨敗しました。

残念だったのは、私はフランス語はもちろん英語もできないので、自分の張りたい場所をディーラーに頼めなくて、手近な所ばかり張って、あまり楽しめなかった事。

「カジノってスーツ着用かな?」

と思って日本から持って行ったのに、リゾートなのでみんなカジュアルで1人で浮いてました。

私の分類では機械相手の勝てないギャンブルです。
分かりやすいのは全点張り。

38点全てに1枚ずつチップを置けば必ず当たります。
でも配当は36倍で必ず負け。

コミッション(控除率)は5%強なので20回繰り返せばチップ38枚が消える計算です。

これは何点賭けであろうが、どんなバリエーションであろうが逃れられない。
でもわざわざ外国までやりに行く人もいるほど楽しい。

「いや、ディーラーはこちらの張り目を外して来るから、玉をシュートしてからノーモアベットの直前に張ればいい」

ブッブー。

どんなディーラーでも無理。
もしそんなことができたら、仲間を組んで不正のやり放題です。

かつて、コンピュータ解析で当たり数字を予測して大儲けしたというニュースが流れました。
シュート直後の玉とウィル(回転盤)の速度を遠隔で画像解析するというものですが、個人的にはかなり疑問。

1点賭けを的中のように報道されてましたが、ノーモアベットの前のデータでは無理そう。
もし可能性があるとすれば、2to1の元金込みの3倍配当かなあ。
このゾーンは1点張りの10倍くらい当たりやすいし、(重要→)数字の配置に偏りがあるからです。

1点予測は無理だと思うんですが、コンピュータの性能が上がれば、分かりませんよね。
腕を上げれば勝てる種目と言われているのが、ブラックジャック。

有名なのがカードカウンティングです。

だいぶ前に大阪商業大学の谷岡一郎学長に聞いた話ですが、
「カジノが自由にやらせてくれれば勝てますが、そうで無いのが現実です」とのことでした。

ちなみに日本のカジノ誘致、統合リゾートだっけ? を希望する自治体の多くは、谷岡先生にアドバイザーを依頼しています。
おそらくカジノ誘致について学際的かつ具体的にアドバイスできるのは、日本ではこの方だけではないでしょうか。

カジノを誘致すると、雇用がどれだけ増えるか、依存症や犯罪が増えるか、その社会的コストは。
違法性の阻却のためにどうすればいいか。

逆に現在の法律や条令をどう変えなくてはいけないのか。

「50個くらい変えないと違法になると思います」

 

私などはギャンブルライターと名乗れないほどの知識量です。

 

ギャンブルライターと学長を交換しませんか?

 

勝ちながら
勝つ能力を
上げる

右の小見出しは私が銀玉親方としてパチンコ攻略ライターをやっていた時のスローガンの一つで、今も時々使ってます。
勝てるギャンブルと勝てないギャンブル。

機械相手と人間相手のギャンブルの分類では、パチンコは勝てる機械相手のギャンブルです。
先のルーレットは機械相手で勝てないでしたね。

ディーラーがいると言っても、ブラックジャックやポーカーや麻雀と違い人間相手ではありません。

パチンコは機械相手で勝てる。
麻雀は人間相手で勝てる。

どちらも学習と経験と情報収集力によって勝てる。
パチンコで、勝ちながら勝つ能力を上げるために、私は当時まったく情報の無かった開店回りを提唱しました。
平常営業では大きく動かないクギが、目を見張るほど大きく開けてあるんです。

誰でも勝てます。

初日の大股開き(ローカル用語)から、徐々に閉まって行くのが見分けられるようになります。
はい、勝ちながら勝つ能力を上げるです。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!