“嗅覚”の試合巧者 U-NEXT Pirates 瑞原明奈はトップを持ち帰ることが出来るのか?【Mリーグ2022-23観戦記12/1】担当記者:ゆうせー

“嗅覚”の試合巧者
U-NEXT Pirates
瑞原明奈トップを
持ち帰ることが
出来るのか?

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 12月 1日

第1試合

東家:瑞原明奈(U-NEXT Pirates)
南家:松本吉弘(渋谷ABEMAS)
西家:内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)
北家:二階堂亜樹(EX風林火山)

解説 河野直也  実況 日吉辰哉

速い。

松本の判断スピードが速いのだ。

東1局

ション牌(画像上にも注目)のダブ【東】をイチ鳴きした、上家の瑞原。

瑞原がマンズに寄せている可能性もある、と判断した松本は即座にマンズのターツ落としを敢行。

ドラを重ねて、シャープにアガる。役役ドラ2の8000点。

東2局、松本は、

対面に座る亜樹の仕掛けに【中】をかぶせていく。

これを亜樹に鳴かれるも、

トイツ落としの完了と同時にかかる強烈なリーチ。

【9ピン】を一発で引き寄せて、リーチ一発ツモピンフ赤ドラの6000オールが炸裂する。

大きな背中だ。

東2局1本場は、

思案ののちに、

スリム化を図る。

俯瞰で見ると、

こうなる。仕掛けて赤が余っている瑞原をはじめとして、他家に出遅れ気味のここはリスクヘッジが必要だ。

この局は、【東】を仕掛けた亜樹が2100-4100をツモアガった。

親が落ちた松本。続く東3局は、オフェンスのターン。

流れるようなノータイムの打牌選択から、

流れるようにリーチ!

そして、

ん?

流れるように3件リーチに移行!!

三人のリーチがかかった時点で待ち牌の枚数は、
亜樹6枚、松本3枚、内川1枚だった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊