アガリ6回、放銃5回!卓上に熱狂を巻き起こす「寿人劇場」【熱論!Mリーグ】担当記者:山﨑和也

熱論!Mリーグ【Mon】

アガリ6回、放銃5回!

卓上に熱狂を巻き起こす

「寿人劇場」

文・山﨑和也【月曜担当ライター】2019年11月11日

遠山「だんだんМリーグにも詳しくなってきたぞ」

遠山「サイバーエージェントのチームがABEMASで、ピンクのユニフォームがサクラナイツで、教授のおススメが風林火山。うんうん」

遠山「でもまだ完璧に覚えきれていないな……」

遠山「あっ、勝つと昇天ポーズするのが麻雀格闘倶楽部」

 

 

その男、いや魔王はついに目を覚ました。

1戦目の出来事である。ここまで個人ポイント最下位に沈んでいた麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人が、ついに初トップを獲得した。高々と腕を伸ばし、遠くを見つめる。同チームの前原雄大から受け継がれたこのポーズ。チーム、個人ともに復活の兆しを見せた。

2戦目に入っても、席上にはHISATOのユニフォームがあった。麻雀格闘倶楽部はこの勢いのまま攻め続ける。

 

東1局、風林火山・滝沢が打で、待ちの先制リーチをかける。

だが、すでにカンのテンパイを入れていたのは寿人。をツモってと入れ替え。次巡のもツモ切った。もちろんリーチが入っていようと、ためらった様子はない。

結果は滝沢の勝ち。寿人からを捕らえ、2600点のアガりとなった。滝沢と寿人といえば古くからのライバル。早くもバチバチと火花が散っている。

東2局となり、寿人の親番。打で、のくっつきのイーシャンテンに。

狙い通り、浮いているがくっついて、待ちのテンパイになった。イーシャンテン形の中でも、くっつきは非常に強い。このようにすぐ好形のテンパイになる可能性が高い。

滝沢にもテンパイが入ったが、を切っての役無しシャンポン待ちは心もとない。ここは打で迂回した。通ってはいないのだが。

今度は寿人の勝ちとなった。

リーチ・ツモ・ピンフ・赤に加え、裏が1枚乗って4000オールのアガり。裏を予期していたかのごとく「4000オール」の発声は早かった。これで2戦連続のトップに前進。

続く東2局1本場。ここでを切ればテンパイだ。寿人ならカンチャン待ちでもリーチするだろうと思った方も多いかもしれない。しかしここは打。ドラのを引いて使う構想だ。

も払ってこの形。でやはりテンパイになる。一見両面のようだが、河にはが3枚も見えている。さらに手牌に1枚。つまりはない。

それでもリーチをかけた。これは巡目の関係だろう。が4枚見えていても、は1枚も出ていない。ならば4枚山にいるのではないか。少しオーバーに書いたが、そういった思想と推測する。

これを一発でツモるのが恐ろしい。2600オールでさらに加点する。

東2局2本場。ここはアベマズ・松本がゴリゴリと筒子の染め手に向かい、2000-4000のアガり。寿人は親被った格好となったが、ひとり3万点台とリードを保っている。

東3局。点差関係なく攻めるときは攻めるのが寿人だ。のくっつきのイーシャンテンとなっていたところにを引いた。両面ではないが打で即座にリーチ。が2枚切られているので悪くなさそうだ。

このリーチに対し、丁寧に対応しながらじっくりと狙っていたのが親の滝沢だった。

寿人からを鳴き、上図から通ったを切ってホンイツのテンパイ。なんとは4枚とも山にある。またも二人がぶつかった。

勝ったのは滝沢。寿人のを捕らえた。12000のアガりで寿人にカウンターパンチ。滝沢が逆転トップに。

東3局1本場。流れに乗った滝沢が三色確定でこの形。恐ろしい。ダマテンにしての待ちに。の対子落としをしてはいるものの、この巡目ではテンパイとは思いにくいので、止まらないだろう。

しかしそこに松本が威勢よくリーチ。待ちは。筒子でぶつかった。

さらに寿人も加わった。待ちはなら頭ハネのルール(先にツモる側のアガり)によって寿人が勝つ。

これを見た滝沢。

この記事のタイトルとURLをコピーする