麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「王者の底力」観戦記【B卓】完全復活の落とし穴か⁉︎最終局アガリ勝負で迫られた滝沢和典の選択




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「王者の底力」【B卓】

完全復活の落とし穴か⁉︎

最終局アガリ勝負で迫られた

滝沢和典の選択

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎2019年5月18日(土)

A卓では腰が重いベテランらしい麻雀が見れたが、B卓はいったいどういった展開になるのだろうか?

Mリーグを通じて、徐々に好調になっていった滝沢にも注目してみていきたい。

 

 

 

 

東1局

親の山井弘がいきなり跳満のヤミテンを見せる。

これがまだ1段目なら、リーチを打って安め6000オールを引きに行くところだが、巡目も深くなってきた。ここは確実に12000や18000をとらえていきたい。

Mリーグで好調だった滝沢和典もこの山井のヤミテンをビタリと止めた。

巡目も3段目。自分の手がタンヤオドラ1の勝負手とは言え愚形。流石Mリーグでも好調を維持し続けているだけあって、滝沢には場面が良く見えている。

ここは山井と内川幸太郎の二人聴牌で流局。

続く東一局1本場でも高い手が止まらない。

まずは内川が聴牌即リーチ

カンチャンだがドラドラ。トーナメントだと、勝負は早い局でしたほうが私は良いと思う。

続く山井も大物手で追撃。

安めだとリーチタンヤオドラ1。高目のドラだとリーチタンヤオ三暗刻ドラドラで跳満からのスタートだ。この局で勝ち上がりを決定的なものにできる。

ここで滝沢も参戦。

以前の滝沢だと勝負所はここではなく、ここで失点は悪だと思い降りたりヤミテンに構える局面だと思ったが、リーチで勝負!

惜しくも流局したが、きついのは最強戦の申し子、鈴木優だ。ノーテン罰符が徐々に自分を苦しめていく。

東一局2本場では滝沢がチートイドラドラのアガリで一歩抜け出す。

地味に供託も3本も取られたのが痛い。

東4局までは流局の重たい展開で続くが、何故か鈴木だけが聴牌できない状況が続く。手牌をめいいっぱいにしているのになぜか聴牌できないので、仕方ないとは思うが、展開がきつい。

そうこうしているうちに東4局、内川の親番で決定打が。

内川のリーチタンヤオツモピンフドラ1裏2。

6000オール!

実は裏ドラ平均1.5枚というやばすぎる内川が、さらにその平均を上回る裏2枚だった。

南入しても俄然キツイのが鈴木だ。

まずは山井がこの4000オールを軽々アガる。

鈴木はアガるどころか、聴牌すらままならない。

そんな鈴木に大物手が入った。

ダブドラドラ。普通の状況ならばヤミテンに構えたいところだが、状況がそれを許さない。

この手牌を跳満にして…。一気に山井と滝沢を追い抜く!と言った鈴木の気迫が伝わるが、そのリーチ宣言牌のがロン牌。

きつい展開だが、親番が残っている状況で諦めるわけにもいかない。

親番で、滝沢のリーチが掛かろうが、無視して攻める鈴木。ただ、無情にも滝沢のツモ。

リーチツモドラドラ。今日は明らかに鈴木の日ではなかった。

この記事のタイトルとURLをコピーする